ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春のカキが一番おいしいって知ってた?? 広島直送のカキでお腹いっぱいになる「広島春牡蠣フェスタ」開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新宿の大久保公園で開催中の「広島春牡蠣フェスタ2015」が盛り上がり中。広島県産のフレッシュなカキを、BBQスタイルでお腹いっぱい食べられるイベントです。

カキと言えば“冬の食材”というイメージが強いですが、生産者さんたちが言うには「カキは春先の3月〜4月の方が、風味が良くて美味しい」のだとか! 広島大学の教授による調査の結果、カキの旨味成分(グリコーゲンやアミノ産)がまさにその時期に最大になることも明らかに。カキはちょうど“今”が食べごろというわけです。

会場では、カキの生産量日本一を誇る広島県産の新鮮なカキを毎日直送し、広島の食文化を感じるBBQのかき小屋スタイルで提供。人気No.1メニューは「広島殻付き春カキ(1kg)」¥1600。個数にすると12個以上にもなる大ボリュームで、磯の香りと旨味がギュッと詰まった春カキならではの濃厚でクリーミーな味わいを堪能できます。ほかにも、通常の2倍以上の大きさがある数量限定「特選殻付きカキ(2個)」¥1000や、「春カキのごはん」¥450、「広島春カキのアヒージョ」¥600など、多彩なカキ料理もラインナップ。もちろん、泡や赤白ワインなどのドリンクも充実。

また今回の目玉が、とっても希少な「グリーンオイスター(塩田熟成牡蠣小町)」1個¥400というスペシャルな一品。毎年1月〜4月頃まで身が緑色になるグリーンオイスターは、カキの本場・フランスのマレンヌオレロン地方では“幻の緑牡蠣”と呼ばれる最高級ブランドもの。国内ではじめてフランスと同じ養殖環境・方法で育てられたグリーンオイスターは、甘みがあってまろやかな味わいなのだとか。値段もお手頃なので、ぜひプレミアムな味わいを体験してみて。

「広島春牡蠣フェスタ2015)」

開催期間/開催中〜4月5日(日)
開催場所/新宿区立 大久保公園(新宿区歌舞伎町2-43)
電話/080-9178-0084
営業時間/11:00〜21:00、土日祝10:00〜21:00(L.O.20:30)
料金/入場無料。飲食・物販は有料
席数/268席(全天候型のユニットハウス)
公式HP   http://kakifes.com/
Facebook https://www.facebook.com/kakifesta

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP