ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピクサー最新作『インサイド・ヘッド』新映像到着! “中の人”予想キャンペーンも

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「モンスターズ・ユニバーシティ」(13)の公開から2年ぶりとなる、ディズニー/ピクサー最新作『インサイド・ヘッド』が2015年7月18日公開。続々と届く作品やグッズ情報に、すでにワクワクが止まらない筆者なのですが、ついに“感情たち”の映像が初解禁となりました。

『インサイド・ヘッド』が描く世界は“人間の頭の中”。本作の主人公は、11歳の少女ライリー……ではなく、彼女の頭の中にある“5つの感情”が主人公──ジョイ(喜び)、アンガー(怒り)、ディスガスト(嫌悪)、フィアー(恐れ)、そしてサッドネス(悲しみ)。

このたび初公開となった本作の最新映像では、ライリーの成長と共に生まれてくる“感情たち”を、本編映像と併せて紹介。映像を見ると彼ら“感情たち”の働きとライリーへ与える影響は一目瞭然、ハッピーで楽しい気分にする“ヨロコビ”、嫌いなものを拒絶する“ムカムカ”や怒りを爆発させるときの“イカリ”、そして安全を守る“ビビリ”と、映像内の““ヨロコビ”の言葉では「私たちはライリーを守り、幸せにするの!」と“感情たち”の役割を説明しています。

しかし、つらいとき、悲しい気分の時に現れる“カナシミ”だけはその役割が分かりません。ライリーを<幸せにしたい>“感情たち”の中にあって“カナシミ”の本当の役割とは? 映像の後半、“ヨロコビ”の「ライリーには私たちが必要なの!」という叫びとともに、ディズニー/ピクサーが最も得意とする驚きと感動への期待が高まる新映像になっています。

さらに、今回公開された新映像に登場する、誰にとっても馴染み深い感情の“ヨロコビ”と“カナシミ”の声優を担当するのは誰かを当てるキャンペーンを実施することが決定。

前向きでハッピーな感情=“ヨロコビ”の声は、晴れ渡るような明るさや楽しさを感じさせ、つらいことがあった時に現れる感情=“カナシミ”の声は、人生の痛みと同時に愛着を感じさせるものとなっています。声優起用の妙とアフレコのクオリティの高さに定評があるディズニー/ピクサーの吹替え版とあって、声優予想キャンペーンは白熱しそうです。

筆者はすでに30回は動画を観てますが、まだ予想が固まりません!

ピクサー最新作『インサイド・ヘッド』特報映像解禁!
https://www.youtube.com/watch?v=3OlRaoGhwTs

~映画『インサイド・ヘッド』 “ヨロコビと”カナシミの声優を当てようキャンペーン~
実施期間:2015年3月18日(水)~4月26日(日)23:59
正解発表:4月下旬(予定)
概要:『インサイド・ヘッド』の予告編を見て、ヨロコビ役&カナシミ役の日本語吹替え版の声優を予想して、
ハッシュタグ【 #インサイドヘッド声優を当てて記者会見に参加しよう 】を付けてツイート。
当選者の中から抽選で、2組4名を6月に実施予定の記者会見イベントにご招待。

http://disney.jp/head/seiyudare/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP