ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

世界中の “変な地名” の場所に行きまくる人がいた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

エロマンガ島が温暖化の影響で沈没しかねないということで、島民に避難勧告が出されたようです。生まれ育ったエロマンガを出て行かなくてはならないのはつらいことでしょうが、エロマンガの思い出を胸に、新たな地でエロマンガの歴史を語り継いでほしいものです。

そんなエロマンガ島は、日本人からすれば「エロ漫画」の島というイメージが頭に浮かんでしまいそうですが、世界中にはいろんな変な名前の地名があるのをご存知でしょうか? しかも、そんな変な地名の場所にばかり行っているという、変な人がいるのも……失礼! 冒険心あふれる人がいるのもご存知でしょうか?

安居良基(やすい よしき)さんは自身のサイト『世界の「珍名」所大集合』で、変な名前の場所に行ってきたときの写真を掲載しています。変な名前の場所……。それでは、そんな変な名前の場所をいくつかご紹介しましょう。ちなみに、地名なのでいたってマジメな名称であることを断っておく。決して不謹慎ではない。

スケベニンゲン / Scheveningen (オランダ)
エロマンガ / Eromanga (オーストラリア)
チンコ川 / Chinko (中央アフリカ)
キンタマーニ / Kintamani (バリ島)
ハゲ / Hagye (韓国)
マルデアホ / Mar de Ajo (アルゼンチン)
ヤキマンコ / Якиманка (ロシア)
パンティ / Panti (マレーシア)
漫湖 (沖縄県)
女体山 (香川県)
ハワイ (鳥取県)
万古川 (長野県)

……などなど、変な名前の地名はその何倍も存在します。すべてを写真つきで見たいとい方は、『世界の「珍名」所大集合』をチェックするといいでしょう。それにしても、海外はわかるのですが、なぜ日本でそんな名前にしてしまったのか……。私のマルデアホな脳では理解できません。スケベニンゲンだからでしょうか(このニュースの元記事はこちら)?
 
 
こんなインターネットの記事もあります
ネット調査! 好きな人にハナクソがついていたら百年の恋も冷める?
経費が1800万円!? 人気漫画家が原稿料と印税をブログで暴露!
iPhone&iPod touch版アプリ『Skype』徹底レビュー
常識を覆す2画面ノートパソコンが登場 『ThinkPad W700ds』レビュー

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。