体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2015年は、100年に一度の“いちご年”!ホテル阪急インターナショナルにて「ストロベリーフェア」開催中

2015年は、100年に一度の「いちご年」!ホテル阪急インターナショナルではそんな苺イヤーを記念して、旬の苺を使用したカクテルとスイーツを25階「ソラメンテ」・2階バー「ケレス」・ティーラウンジ「パルテール」にて4月30日まで販売している。

まずは、みずみずしい苺を使用したカクテル3種をご紹介。「PLAISIR-プレジール-」(1500円)は、ライチリキュール、グレープフルーツジュースを組み合わせ、その上に生クリームをフロート。カクテルの中に入っている苺の果肉を楽しんで。

「Sweet Night」(1500円)は、苺のリキュール、ヨーグルトリキュール、ウォッカの3つを合わせてフローズンスタイルに仕上げたカクテル。まわりにはスライスした苺を飾った。「Strawberry Jewel」(1500円)は、チョコレートリキュールをベースに仕上げたカクテルだ。苺をトッピングしたことによって、甘みと酸味の両方を楽しめる。

スイーツメニューからは、3種の苺を取り入れたデザート「ICHIGO-いちご-」(1188円)が登場した。苺、野苺、木苺の3種の苺が、いろいろな食感を奏でるブーケ仕立てのクレープだ。グラス内のバルサミコと苺のソースをからめるとさらに深まる味わいが魅力的。

苺を様々なスタイルで楽しめる「春のアフタヌーンティーセット」(2731円)も販売中。苺のショートケーキをイメージしたグラスデザートやアーモンドクリームを絞って焼き上げたタルトレットなど、春らしいかわいい小菓子を一度に楽しめるアフタヌーンティーセットだ。スコーンやサンドイッチとともに召し上がれ。

苺を心ゆくまで楽しめるストロベリーフェア。ぜひ、この機会に苺の美味しさを堪能したい!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。