ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ギター、ドラム、ピアノ…マルチな楽器として使える「Artiphon」がユニーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

なんとも不思議な楽器が資金調達サイトKickstarterに登場した。5つの楽器として使える「Artiphon」だ。ギターのネック様の細長い形状をしていて、パッドや弦、サイドにあるボタンを使って奏でることができる。

・iPhoneを弓にしてバイオリンに!

例えば、ピアノとして使いたいなら膝やテーブルの上に置いて両手で演奏することができる。また、ストラップをつけて肩から下げて弦を爪弾けばギターにすることも。

他には、Artiphonを立ててチェロとして使ったり、パッドを叩いてドラムにしたりすることもできるなどかなり多彩。そしてiPhoneを弓としてArtiphonをバイオリンにすることができるのも面白い。使う人のアイデア次第で活用方法は広がりそうだ。

・音楽編集ソフトにも対応

当然のことながら、楽器によって音色などが異なるわけで、Artiphonでは細かい設定をスマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードして行う。チューニングなどもできる。

また、MIDI規格の音楽編集ソフトにも対応するので、創作活動にも使えそうだ。開発者によると、プロの使用にも耐え、またアマチュアでも、そして子どもでも純粋に楽しめるものになっているとのこと。

この新発想の楽器、Kickstarterでのキャンペーンではすでに目標額の7倍超を集める人気ぶり。興味のある人はまずはKickstarterにあるデモビデオをチェックしてほしい。

小売価格は399ドルを予定しているが、キャンペーン(4月13日まで)では349ドルの出資で入手できる。

Artiphon/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP