ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

杏 自身初の声優を務めた『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』の予告編が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女優の杏がアニメ声優に初挑戦した、浮世絵の世界を描いた作品、『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』の予告編が公開された。
 
 本作は江戸時代を舞台に、喜怒哀楽に満ち溢れる色鮮やかな江戸の町で、人生を謳歌する破天荒な絵師たちの生き様を描いた浮世エンターテインメント。アニメーション作家として高く評価をされている原恵一監督が、愛してやまない杉浦日向子の『百日紅』を映画化し、同じく原作の大ファンだという人気女優の杏が主人公お栄の声を務めている。

 着物姿でお栄を熱演した杏は、役作りについて「普段お芝居をしていても、衣装に身を包むことによって声のテンションや気持ちが変わってくるのを感じているので、声のお仕事でもお栄と同じ着物に身を包んで演じた方がもしかしたらいいのかなという想いでアフレコには着物でのぞみました」とコメント。また、好きな映画のシーンについて「明け方の朝焼けのシーンが好きです。青と白と朱色の空のグラデーションが、まさに浮世絵の背景に描かれている色だなと思いました。アニメーションの中にどんどん浮世絵の色や絵が入ってきているところが好きです」と語った。

 『河童のクゥと夏休み』や『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』など、大人が泣ける作品を手掛け、海外でもファンが多い原監督。世界を魅了している浮世絵がテーマの作品ということもあって、すでにフランスやイギリスほか6か国での配給が決定している。

◎公開情報
『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』
2015年5月9日公開
制作:Production I.G
配給:東京テアトル
(c)2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会 
sarusuberi-movie.com

関連記事リンク(外部サイト)

ジャクソン・ブラウン 「今までで最高」と自負するバンドと新旧の名曲を存分に披露する日本ツアーがスタート!
女王蜂 役者とアヴちゃんが台本無しでぶつかり合う映像作品『残酷』内容公開
クリスティーナ・アギレラ、ドラマ『ナッシュビル』出演へ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP