ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーストラリアの不動産を「爆買い」する中国人 19億円の投資で「永住権」も得る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オーストラリアは2012年、移住したい人が年間500万豪ドル(約4億6500万円)以上を4年続けて投資すれば、永住権を獲得できる「上級投資家ビザ」という制度を作った。合計額は少なくとも18億5800万円となる計算だ。

このビザの申請者の9割が中国人だ。オーストラリアに移民として移住したい中国の富裕層は約1000万人。2015年3月9日放送の「未来世紀ジパング」(テレビ東京)は、好景気をもたらす中国を「おもてなし」するオーストラリアの現状を取材していた。
ホテルの社員はビデオで「中国人のブランド好き」学ぶ

日本ではリーズナブルな価格で人気の定食チェーン「やよい軒」のシドニー店では、サバの塩焼き定食が2300円。しかしお客は「全然高くないわ。妥当な値段ね」と満足そうだ。

オーストラリアはGDPが23年連続プラス成長と好景気で、物価も高騰している。そんな物価高をものともせず、大挙して押し寄せているのが中国人観光客だ。

オーストラリアも中国人客へのサービスに力を入れており、春節を祝うためにオペラハウスを真っ赤にライティングしたり、中国の遺跡「兵馬俑」を模したオブジェを飾ったりするなど過剰なほど。中国人観光客の数は、2013年には73万人にものぼった。

大手ホテルチェーンの「アコーホテルズ」では、社員が「中国人の面子(メンツ)」についてビデオで学ぶなど、徹底した中国人対応を行っていた。

「中国人の面子とはこうです。ブランド大好き。マンションは高層階。子どもは有名大学。そしてトップ500の企業に入れたい。もちろん結婚式は豪華に」

そんな言葉がアニメーションと共に流れ、見ていた女性スタッフはこう語る。

「オーストラリアにはこのような考え方はないので、しっかりと理解して、中国の人たちの面子をつぶさないように気を付けているんです」

庭先で不動産オークション、わずか5分で2倍以上に

このVTRを見ていたジャーナリストの竹田圭吾氏は、「全体的にやりすぎ」と苦言を呈したが、オーストラリアがここまで中国を重視しているのは、好景気に中国が大きな影響を与えているためだ。

オーストラリアの輸出先は、10年前は日本が18%と1位を占めていたが、2013年度は中国が1位、しかも36%と大きく溝をあけられている。

いまオーストラリアには、不動産バブルも起きている。メルボルン郊外の静かな住宅地で、家を売るための内覧会が行われ、30人の購入希望者たちは庭先に集められた。不動産販売員が、

「これから始まるオークションで、一番高値で入札した人としか話はしません」

と宣言すると、1人の中国人男性がどんどん値を吊り上げ、もともと1450万円で購入した家が、開始からわずか5分で2倍以上の3750万円で売れた。

この中国人男性、アメリカにいる息子のために買ったそうだが、「いまは投資用です」と言う。いまオーストラリアでは、中国人による不動産の買い占めが起きており、不動産価格が高騰しているのだ。

販売員のマイケルさんは「最後に競うのはたいてい中国人同士です。そのおかげで、他の人が手を出しにくい状況です」と語るが、「でも、それがオークション。一番高い金を払う人が家を手に入れる。売り手にとってはありがたいことです」と割り切っているようだった。
中国文化を押し付ける姿勢にとまどう人も

ロイヤルメルボルン工科大学をはじめとする13の大学内に、中国政府が資金を提供して建てられた「孔子学院」がある。中国語や中国文化の講習が格安で受けられるとあって人気だが、この学院をめぐり論争が巻き起こっている。

チベットや台湾、天安門事件についての議論を許さないなど、受講内容に疑問を抱いた人たちが孔子学院を排除する署名運動をし、議会に提出したのだ。

孔子学院は全世界に展開されており、120か国に475箇所。日本にも十数カ所設置されているが、カナダやアメリカでは「中国の政治的な考え方を国民に押し付けようとしている」という批判のもと、閉鎖された学院もある。

番組では、日本もオーストラリアで奮闘している場面を紹介し、日本経済新聞社編集委員の後藤康浩氏が「日本は長きに渡り安定的で良好な関係を築いている」とフォローした。しかし印象としては、確かに日本も頑張っているものの、中国のなりふり構わぬやり方の危うさと力強さの方が圧倒的に強かったのが正直なところだ。(ライター:okei)

あわせて読みたい:中国人の「爆買い」で賑わう銀座に勝谷誠彦が苦言
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP