ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

研究者「室温19度の部屋で眠ると脂肪が燃えやすくなる!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近ごろ出た論文(英文)によれば、寝室の温度を下げただけでも脂肪は燃えやすくなるらしい。

これは米国立衛生研究所の実験でして、5人の被験者たちに、4カ月にわたって実験室のベッドで寝てもらったんですね。具体的には、

「最初の1カ月目は適温の部屋で寝る」(摂氏24度ぐらい)
「2カ月目は肌寒い部屋で寝る」(摂氏19度ぐらい)
「3カ月目は適温にもどす」
「4カ月目は温暖な室温に上げる」(摂氏27度ぐらい)

って感じ。すると、肌寒い部屋で寝た被験者は、インシュリン感受性が改善(=糖尿病になりにくい)したうえ、褐色脂肪細胞が2倍に増えたというんですな。

・自動的にカロリーを消費
褐色脂肪細胞は体の代謝を高める機能を持ってまして、増えれば増えるほど自動的にカロリーを消費してくれるありがたい細胞。俗に「良い脂肪」などとも呼ばれております。

・メタボ対策にもなる可能性
研究者いわく、「寒い部屋で寝るだけで、代謝機能をアップできることがわかった。これは、長い目で見て糖尿病のリスクを減らし、メタボ対策にもなる可能性が高い」とのこと。

・温度はつねに低めに設定
ただし、室温を元もどすとダイエット効果はすぐに消えてしまったうえに、温暖な部屋で寝たら逆に褐色脂肪細胞が減っちゃったそうで、寝室の温度はつねに低めに設定し続けたほうがいいみたい。

・暖房なしで寝る!?
実際、この研究者も、寝室は肌寒いぐらいになるよう調整してるそうな。摂氏19度ぐらいなら耐えられなくもないし、この冬は暖房なしで寝てみるか……。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp
詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/03/10/19/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP