ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Yota Deives、2画面スマートフォン「YotaPhone 2」にE Inkディスプレイを活用した様々な新アプリを近日リリース、ホワイトバージョンを3月末に発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロシアの端末メーカー Yota Devices が 2 画面スマートフォン「YotaPhone 2」に提供する新アプリで新たに数社とパートナーシップを締結したことと、YotaPhone 2 のホワイトバージョンを 3 月末頃に発売する予定を発表しました。提携が発表されたアプリベンダーは、「Spritz」(スピードリーディングアプリ)、「Psy(x) Audio」、「StayTuned」、「Graphite Software」、「Everypost」、「Emberify」。これらは、背面の E Ink ディスプレイを活用できるアプリで、中にはハイレゾ音源の再生を可能にするアプリもあります。また、YotaPhone 2 のホワイトバージョンですが、これは製品発表時点で明らかになっていました。しかし、いままで発売されていませんでした。待望のホワイトバージョンが今月中に発売されるということです。おそらく、まずは欧州の国々で販売されることでしょう。Source : PRWeb


(juggly.cn)記事関連リンク
Androidの外観をさらにフラットなデザインにする新アイコンパック「NEX」がリリース
Google、AndroidベースのVR(仮想現実)プラットフォームを開発中と噂される
動画サービス「GYAO!」がAndroid TVに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP