ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【フランスレポート】ルーヴル美術館「モナ・リザ」前の“セルフィー熱気”がスゴい!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


先日訪れたフランスの旅レポート、今回は「ルーヴル美術館」編としたいと思います。といっても、ルーヴル美術館といったら世界最大級の史跡の一つであり、訪れた事のある人は多いはず。「この絵を見ましょう」とか「美術館の歴史は……」とかそんな事を書きたいのではありません(実際よく知らないのですが)。

【関連記事】定番「赤ワイン煮こみ」から「カエルのサラダ」まで! 朝昼晩食いだおれ
http://getnews.jp/archives/835385

ルーヴル美術館を代表する絵画といったら「モナ・リザ」。筆者も生で見たい! と広〜い館内を迷いながら探していたのですが、もう「モナ・リザ」の周りだけ人だかりが別格!


ぎゅうぎゅう。まあこの混雑ぶりは昔からなのでしょうが、イマドキだなと思ったのはセルフィー率の高さ。


ちょっと写真のタイミングが悪く、この写真だとあまり多く見えないかもしれませんが、セルフィースティックを使わずにインカメラでセルフィーしている人もたくさんいて(特にカップル)。熱気がものすごかったです。みんなSNSにアップするんだろうなあ。


何をやっても絵になる街、ことフランスですが、ルーヴル美術館のフォトジェニックさはすごかったです。例えば上の写真の「Café Mollien (カフェ・モリアン)」は、美術館内の階段の踊り場にあるカフェ・レストラン。オープンエアーで、ナポレオン広場に面したテラス席からはカルーゼル庭園の眺めも楽しめるというオシャレさ。オシャレすぎて気絶しそう。


そして、建物が絵になるなら人々はもっと絵になります。遠足? 校外学習? で訪れていたらしき、女子小学生たち。お帽子と襟巻きがカワイイ。


スケッチしているカップル。まるで映画のワンシーンみたい。


一生懸命美術をカメラにおさえる少年。フランス版キテレツの主演やってほしい!


出ました! 「会員証な」。ロンドンの人気ブランド「SuperDry 極度乾燥(しなさい)」の服はフランスでも見かけました。


最後に、美術館ではありませんが「ラデュレ」前で見かけた素敵なカップルのお写真を。ディスプレイのハートが2人の気持ちみたいでとってもロマンティック。フランスレポート、まだまだ続きます。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP