ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エントリーは3月14日から!『Gレコ』への想いをガンプラに込めろ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

g

現在放送中の『ガンダム Gのレコンギスタ』をテーマとしたガンプラコンテストの開催決定。まもなくエントリー受付を開始する。

名称未設定-1

2015年3月14日(土)よりエントリー受付を行うのは、『ガンプラのGは元気のG、みんなの元気、見せてみなさいよ!ガンダム Gのレコンギスタ ガンプラコンテスト』だ。

こちらは、タイトル通り『ガンダム Gのレコンギスタ』のガンプラシリーズに限定し、「テクニックをフルに活かした“ガチ作品”からアイディアを詰め込んだ“ネタ作品”」まで幅広く募集するコンテスト。

『ガンダム Gのレコンギスタ』といえば、ガンダムファンの間では「歴代最低」「ストーリーが意味不明」といった辛口の評価の一方で、「MSの動きがいい」「世界観がいい」などのかなり賛否両論が分かれる作品。

実際、記者も初回を見た時にはこれまでのどんなガンダムよりも脳がついていかず、何度か再視聴する必要があった。

だが、同作品については長年『ガンダム』シリーズを手がけてきた富野由悠季氏が、TVシリーズとしては『∀ガンダム』以来久々に原作のみならず総監督・脚本を手がけるとあって、なみなみならぬ氏の思い入れが感じられる作品でもある。

img_57882_4

それを裏付けるかのように、これまでのインタビューや舞台挨拶でも独特の富野節が炸裂し話題となっていたが、なんと、今回のガンプラコンテストにも初めて富野由悠季氏が審査員として参加(バンダイ ホビー事業部主催のコンテストとして)することが決定している。

img_57882_5

img_57882_6

これはもう、TVアニメに対して各々が抱えている想いをガンプラに込めて伝える最高のチャンスではないだろうか。

審査員はほかに、同アニメのメカニックデザイナー安田朗氏・形部一平氏・山根公利氏も参加するほか、株式会社サンライズの本編スタッフも参加するという。

エントリーの受付は2015年3月14日(土)から2015年6月30日(火)までバンダイホビーサイトにて行われる。審査結果の発表は2015年8月の予定。

(C) 創通・サンライズ・MBS

■参照■
・『ガンダム Gのレコンギスタ』公式サイト
http://www.g-reco.net/index.html
・バンダイホビーサイト
http://bandai-hobby.net/site/index.html

※この記事はガジェ通ウェブライターの「北島 要子」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。