ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ももクロZ主演映画『幕が上がる』 早くも興行収入1億円を突破

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ももいろクローバーZ主演、本広克行監督作品『幕が上がる』が2月28日(土)より公開、早くも興行収入1億円を超える大ヒットとなっている。

 『幕が上がる』は公開館数は127館と、週末ランキングのトップ10圏内の映画では最も少ない数ながら、一館あたりの平均興行収益では、1位の『アメリカン・スナイパー』についで2位と健闘した。

 ももクロ・メンバーが全上映劇場127館で舞台挨拶を行う全国行脚作戦を中心に、様々なゲリラ・プロモーションを敢行。全国行脚で各地に散らばったメンバーが、舞台挨拶やマスコミ取材だけではなく、積極的に観光地やショッピング・モールを訪れてチラシを巻いたり、書店に立ち寄り、急遽、原作本にサインをしたりと、積極的な宣伝活動を行ったことも奏功した形となった。

 メンバー自身の“足”も使った宣伝手法から、いかに話題を広げて行けるか。映画『幕が上がる』の挑戦はまだこれからが本番となる。今後の動向にも注目しよう。

◎『幕が上がる』WEBサイト
http://www.maku-daisakusen.jp/

◎映画情報
『幕が上がる』
2015年2月28日(土)全国公開
原作:平田オリザ著『幕が上がる』(講談社刊)
監督:本広克行(『踊る大捜査線』シリーズ)
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』)
出演:百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏/ムロツヨシ、清水ミチコ、志賀廣太郎、黒木華
製作:「幕が上がる」製作委員会/制作プロダクション:ROBOT
配給:ティ・ジョイ/配給協力:東映

『幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦』
2015年3月11日(水)全国公開
出演:百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏 他
演出:佐々木敦規

関連記事リンク(外部サイト)

ももクロZ主演映画『幕が上がる』初日舞台挨拶にスタッフ/キャスト勢ぞろい 撮影を追ったドキュメンタリー映画も公開決定!
KISS来日会見にももクロ登場、百田「日本で一番熱いライブに」
ももクロ、劇場版『ドラゴンボール』で声優 百田、役作りは「普段から天使なので…」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP