ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょっと早いお花見 ~東京都江戸川区平井~

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
IMG_0133_R

3月がスタートしたばかりで気が早いかもしれないが、お花見のシーズンだ。さすがにソメイヨシノには早いが、十分に花見ができる場所はある。そんな場所を訪ねた。

IMG_0058_R

交通は都営新宿線東大島駅もしくはJR総武線各駅停車で平井駅から都営バスだ。著者は東大島駅から向かった。

IMG_0059_R

東大島駅は旧中川の上にホームがあり橋のようになっている。この川が江戸川区と江東区の区界になっているので、新宿方面の大島口へ出れば江東区、反対側の小松川口へ出れば江戸川区という変わった構造になっている。都営バス乗り場は両方の出口にあるが、今回の目的地は江戸川区側、つまり小松川口の改札に出る。

IMG_0060_R

小松川口へ出て線路沿いに歩けばすぐに中川の堤防に出る。ここは小松川千本桜で有名な花見の名所だが、今の時期はまだ何も咲いていないので都営バス乗り場へ向かう。

IMG_0062_R

平井駅行となっているが、これから乗車する平28系統は、JR平井駅を経由してここに戻ってくる循環路線だ。

IMG_0065_R

それほど本数は多くないので、あらかじめダイヤを確認しておくと安心だ。

IMG_0066_R

平28系統のバスがやってきた。ここが始発で運賃は均一210円の前払いだがIC乗車券だと206円だ。

IMG_0067_R

途中、JR平井駅を経由する。平井駅から向かう場合は北口、南口のどちらに出てもよい。どちら側のバス停にも停車するので心配は無用だ。

IMG_0070_R

平井駅を出て数分後、東大島駅前からだと17分ほどの”平井都営アパート前”で下車。

IMG_0073_R

循環路線なので、反対向きのバスはない。帰りのバスは降りた停留所から東大島駅前行に乗車することになる。JR平井駅に戻る場合は徒歩の方がいいだろう。帰りのダイヤもチェックしておくとよい。

IMG_0075_R

バス停の向かいに平井三丁目公園につながる遊歩道が見える。この奥の都営住宅の裏が目的地である旧中川の堤防だ。公園の中を進んで都営住宅のわきにある土手に抜ける通路を進む。

IMG_0076_R

土手へ出ると大きな看板が目に付くが、これは江戸川区が総武線の電車から見えるように設置したと思われる。川の対岸は江東区だ。少しわき道にそれるが、総武線の駅は錦糸町から墨田区、亀戸が江東区、平井が江戸川区、新小岩が葛飾区、そして次の小岩がまた江戸川区となり、以降は千葉県だ。そして面白いことに江戸川区役所の最寄り駅は葛飾区にある新小岩駅なのだ。

IMG_0177_R

今回の目的はカワヅザクラ。早咲きの自然交配種で1か月ほどの開花時期があるという。

IMG_0117_R

すでに7分咲きといったところだろうか。美しく咲いている桜をこの時期に見ることができるのは、気分のいいものである。

IMG_0194_R

ソメイヨシノの開花までは十分に堪能できそうなので、満開になるまでの変化を楽しむこともできる。

IMG_0197_R

色はソメイヨシノよりも若干濃いピンク色で見た目のインパクトも強い。

IMG_0204_R

3月になったばかりとは思えない見事な咲きようだ。

IMG_0211_R

総武線の橋りょうがの目の前に位置するので、電車やその向こうにある、とうきょうスカイツリーを背景に写真撮影に勤しむ人が何人もいたのは驚いた。もしかしたら有名な撮影スポットなのかもしれない。

IMG_0179_R

上手く撮れば絵葉書になりそうなアングルも狙えるだろう。

 

土手の下に降りればベンチもあり、川面に映るスカイツリーを眺めながら桜を堪能するのもいいだろう。なお付近にはコンビニ等はないので、必要があれば駅で買い求めてから行くといいだろう。ゴミは各自で持ち帰ることもお忘れなく。オオオカザクラも開花が始まっているので間もなく見ごろになるという。ソメイヨシノの開花前に一足早いお花見はいかがだろうか。

開花状況はえどがわ環境財団のホームページで公開している。

 

※写真はすべて著者が撮影したもの

※この記事はガジェ通ウェブライターの「古川 智規」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。