ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】秋田市民が「なくなって激しく悲しい」と思っている場所ランキングベスト5

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋田県はどんどん人口が減っている過疎県といわれていますが、かつての秋田市は活気にあふれていたそうです。

・なくなって激しく悲しい場所
そこで今回、現役の秋田市民に話を聞き、秋田市民が「なくなって激しく悲しい」と思っている場所を教えてもらいました。あまりにも昔すぎて、若い世代の秋田市民にはピンとこないかもしれませんね。でも、ひとつくらいは知っているかも?

・秋田市民がなくなって悲しいと思ってる場所ランキングベスト5
1位 ぼてふく
大阪のおばちゃんが秋田に嫁入りして、秋田駅から徒歩10分くらいのところにお好み焼き屋『ぼてふく』を開店させました。秋田で愛されている納豆を取り入れたお好み焼きが大人気。特に人気があったのは、うどん入りのお好み焼き。

食材の値段が上がったり、消費税が増えたりして、途中からお好み焼きの量が減ったのが残念でしたが、それでも人気の店でした。

2位 あきこうまえ茶屋
秋田工業高校の近くにあった駄菓子屋です。食事もすることができ、さらにレトロゲームで遊ぶこともできました。秋田工業高校の生徒だけでなく、あらゆる小中高から子どもたちが集まって遊んでいました。

3位 100円ラーメン薮松
昭和32年に開店した100円ラーメンの『薮松食堂』。暖簾も看板もなく、そこがラーメン屋かどうかさえわかりません。ここのメニューはラーメンのみ。たった100円で続けていましたが、閉店してしまいました。ずっと赤字でしたが、赤字だとわかってて続けていたようです。

4位 協働社デパート
かつて秋田市の三大デパートといえば、ジャスコ、木内デパート、協働社デパートでした。特に協働社はレトロ感たっぷりのデパートで、上階のレストランのパフェが大人気。最上階のゲームセンターは、客が1人もこないくらい不人気になっても続けられていました。

5位 まんぷく食堂
戦後に開店した『まんぷく食堂』の定番メニューは肉鍋。アルミの鍋にたっぷりと肉と野菜が入ったこのメニューは、2000年の閉店を持って消滅し、二度と味わえないものとなった。

・心に残り続ける場所
皆さんが知っている場所はランクインしていただろうか? 時代が流れるにつれて、消えていくものが出てくることは仕方がないかもしれない。しかし、そこを愛する人たちの心に残り続けるのも確かだ。

詳細を読む: バズプラスニュースBuzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/03/01/akitashi/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP