体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新イラスト&グッズを披露! サッカーJ2&アニメコラボ『アニ×サカ!!』会見レポート

anisacar_01

サッカーJ2の東京ヴェルディFC岐阜水戸ホーリーホックの3クラブがアニメ作品とのコラボ企画『アニ×サカ!!』の実施を決定。2015年2月27日に開催した記者会見の模様が『ニコニコ生放送』で配信されました。

会見には、『のうりん』バイオ鈴木役の大坪由佳さんや、『ガールズ&パンツァー』とスポンサー契約を結ぶ水戸ホーリーホックの沼田邦郎社長や馬場賢治選手、『甘城ブリリアントパーク』モッフル卿が登場。当初予定されていた東京Vの井林章選手は急遽スケジュールの都合によりビデオでの出演となりました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/840417 [リンク]

anisacar_02

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが好きということで知られる大坪さん。司会を務めた『ガールズ&パンツァー』宣伝プロデューサーの廣岡祐次さんから「Jリーグの推しクラブは?」と問われると「鹿島です」と答え、水戸の沼田社長がスネる場面も。ちなみに、アントラーズが好きな理由は「攻めて行こうぜ、みたいなクラブ全体の雰囲気」とのこと。
また、Jリーグのスタジアム観戦の経験はなく、ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンには行ったことがあるそうで、「土日は仕事があってなかなかJリーグを観に行けないので、是非なんらかの機会にスタジアムで何かやりたい」と語っていました。
自身も出演している『のうりん』については「テンポのいいノリとツッコミが交差するアニメ。農業に真剣な姿を見れたり、キャラクターの個性が強くて一度見ると忘れられない作品」と紹介しています。

anisacar_03

角川書店アニメ宣伝課の暮地圭佑さんを通訳につけたモッフルは、今回のコラボについて「活躍を刮目せよフモ!」と力強く宣言。
一方、ヴェルディの企画担当・新熊康助さんは、「ダメダメな遊園地をなんとか工夫や努力で蘇らせて、お客さんを必死に呼ぶというところに共感する部分がある」と『甘ブリ』の魅力を話していました。

anisacar_04

ビデオ出演の井林選手。
『甘ブリ』の印象について、「京アニという視点で見ていたので、かわいい女の子が間違いなく出るんだろうな、と観ていましたが、話が進むごとに面白くなって、短いクールながらしっかりとしたストーリーが出ている」と笑顔で分析。さらに、ヒロインの千斗いすずについて「トゲトゲしつつも可愛らしさを見せるキャラクターが好き」とツンデレ愛を述べています。

ちなみに、今期注目のアニメは『冴えない彼女の育てかた』とのこと。ビデオを見た大坪さんも「ガチでしたね」と感心していました。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。