ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新イラスト&グッズを披露! サッカーJ2&アニメコラボ『アニ×サカ!!』会見レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

サッカーJ2の東京ヴェルディFC岐阜水戸ホーリーホックの3クラブがアニメ作品とのコラボ企画『アニ×サカ!!』の実施を決定。2015年2月27日に開催した記者会見の模様が『ニコニコ生放送』で配信されました。

会見には、『のうりん』バイオ鈴木役の大坪由佳さんや、『ガールズ&パンツァー』とスポンサー契約を結ぶ水戸ホーリーホックの沼田邦郎社長や馬場賢治選手、『甘城ブリリアントパーク』モッフル卿が登場。当初予定されていた東京Vの井林章選手は急遽スケジュールの都合によりビデオでの出演となりました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/840417 [リンク]

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが好きということで知られる大坪さん。司会を務めた『ガールズ&パンツァー』宣伝プロデューサーの廣岡祐次さんから「Jリーグの推しクラブは?」と問われると「鹿島です」と答え、水戸の沼田社長がスネる場面も。ちなみに、アントラーズが好きな理由は「攻めて行こうぜ、みたいなクラブ全体の雰囲気」とのこと。
また、Jリーグのスタジアム観戦の経験はなく、ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンには行ったことがあるそうで、「土日は仕事があってなかなかJリーグを観に行けないので、是非なんらかの機会にスタジアムで何かやりたい」と語っていました。
自身も出演している『のうりん』については「テンポのいいノリとツッコミが交差するアニメ。農業に真剣な姿を見れたり、キャラクターの個性が強くて一度見ると忘れられない作品」と紹介しています。

角川書店アニメ宣伝課の暮地圭佑さんを通訳につけたモッフルは、今回のコラボについて「活躍を刮目せよフモ!」と力強く宣言。
一方、ヴェルディの企画担当・新熊康助さんは、「ダメダメな遊園地をなんとか工夫や努力で蘇らせて、お客さんを必死に呼ぶというところに共感する部分がある」と『甘ブリ』の魅力を話していました。

ビデオ出演の井林選手。
『甘ブリ』の印象について、「京アニという視点で見ていたので、かわいい女の子が間違いなく出るんだろうな、と観ていましたが、話が進むごとに面白くなって、短いクールながらしっかりとしたストーリーが出ている」と笑顔で分析。さらに、ヒロインの千斗いすずについて「トゲトゲしつつも可愛らしさを見せるキャラクターが好き」とツンデレ愛を述べています。

ちなみに、今期注目のアニメは『冴えない彼女の育てかた』とのこと。ビデオを見た大坪さんも「ガチでしたね」と感心していました。

「(水戸は)Jリーグの中でも一番と小さいクラブでも伸びしろは日本一。戦車道で日本一を目指す『ガルパン』とストーリーがそっくり」という沼田社長。
「勝っていく時のチームワークがすばらしい。でも負けていくチームの負けっぷりもいい」と作品の魅力を熱弁。「冷泉麻子さんもいいけど、水戸市出身の五十鈴華さんもいいなと思ってます。でも僕はカチューシャですから」と謎のプラウダ高校推しで落としていました。

ここで、二部練習から東京まで駆けつけた馬場選手が登場。『ガルパン』も視聴したといい、「いつも行ってる街が出ていて、”ここなんだ”という感じ。これからもっと深く知っていこうと思います」とコメント。大洗町にも「あんこう鍋を食べに行きました」とのこと。
一方で、2014年のホームゲームで実施した『ガルパン』コラボマッチについて「ゴール裏に戦車がある横を走るのはなかなかないな、と。それでも試合に集中しなければいけないので」と話し、プロ意識を垣間見せる場面もありました。

2014年シーズンにアニメとのコラボを実施している東京V、岐阜、水戸の3チーム。『アニ×サカ!!』では、アニメとサッカーを通じて地域振興につなげることを掲げ、3チームによる対戦時にイベントなどを実施していきたいとしています。

井林選手がゴールを決めるとフィギュアを進呈するという個人パートナー契約を結んでいるコトブキヤ。『アニ×サカ!!』に合わせて3チーム共同のコラボグッズを製作中とのこと。続報が待たれます。

『甘ブリ』の西也といすず、それにモッフルがヴェルディのユニフォームを着用しているコラボイラストは、この日初公開。

ヴェルディ公式サイトで発売中の『アニ×サカ!!』対象試合のコラボタオルマフラー&オリジナルデザインチケット(税込5000円)。マフラーにモッフルとヴェルディくんがデザインされています。
また、対象試合では『甘ブリ』声優がMCの一部を担当する方向で調整中とのこと。

FC岐阜は『のうりん』とのコラボユニフォームを発表。背番号のところにデフォルメされたキャラがちょこんと乗っているのがポイントで、大坪さんも「とてもかわいいですし、サッカーとコラボして形に残るのがうれしく思います」と喜んでいました。このほかにも、各種コラボグッズを準備中です。

Jリーグでいち早くアニメとのコラボを進めてきた水戸。そろそろネタ切れが心配されますが、2015年の新イラストでは大洗女子の全員がホーリーホックのホーム(ブルー)とアウェー(ピンク)のユニフォームを着てケーズデンキスタジアムに勢揃い。廣岡さんによると、「優勝して看板を出すところをイメージしました」とのこと。

コラボグッズとしては、新イラストを使用したシーズンカレンダーと、袖に各チームのマークを選ぶことができるレプユニを用意。大洗女子チーム別のグッズも検討中ということで、さらなるグッズの充実は確定事項なのではないでしょうか。

また、『のうりん』は草壁ゆか、『ガルパン』は西住みほのグッズ用イラストを新たに描き下ろす予定。

これまで以上にサッカーとアニメとの交流が促進されそうな3チーム。ダービー並みの熱戦が期待されるだけでなく、コラボ作品の絡みをどのように展開していくのか、注目されます。

また、『ニコニコチャンネル』の『ニコニコアニメスペシャル』では、『甘城ブリリアントパーク』『のうりん』『ガールズ&パンツァー』の3作品が無料全話放送することが決定。詳細は後日に発表とのことなので、まだ未見という人はこの機会に視聴してみてはいかがでしょうか。

『アニ×サカ』発表記者会見(ニコニコ生放送)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv211094256 [リンク]

ニコニコアニメスペシャル
http://ch.nicovideo.jp/anime-sp [リンク]

(c)賀東招二・なかじまゆか/甘城ブリリアントパーク委員会
(c)2014 白鳥士郎・SBクリエイティブ/のうりんプロジェクト
(c)GIRLS und PANZER Film Projekt

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP