体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大都会の秘境駅『海芝浦』に行ってきた

生活・趣味
IMG_9986_R

鉄道ファンならだれでも知ってるけど、知らない人は驚く秘境駅が都心にある。

秘境駅の定義は様々あるが、この駅は”一般人”は鉄道でないと到達できない。車があろうと自転車があろうと徒歩でも駄目だ。ホームの後ろはすぐ海なので断崖絶壁とまではいわないが、それなりに秘境度はある。極めつけは、鉄道に乗って駅には到達できるが、”一般人”はきっぷを持っていても改札の外に出られないのだ。無人駅なのにである。

件の駅の所在地は神奈川県横浜市鶴見区。JR鶴見線海芝浦支線の終着”海芝浦駅”である。では早速、JR鶴見駅から出発しよう。

IMG_9751_R

これは鶴見駅だが、改札口ではない。改札内の改札、つまり中間改札だ。鶴見線の駅は全駅無人駅なので鶴見駅で当駅までの運賃を精算して目的地の駅で再度清算する形をとる。もっともIC乗車券はタッチするだけで運賃計算は自動的に行われる。

IMG_9760_R

鶴見線のホームは行き止まりになっていて屋根はアーチ形で古さを感じさせる。

IMG_9761_R

こちらは出発側。東海道本線や京浜東北線は地上を走るが、鶴見線は高架だ。

IMG_9799_R

折り返しの電車が到着し、10分程度停車する。出発信号機が進行現示に変わった。出発だ。

15時20分、鶴見発、海芝浦行の1509列車は定刻通り出発した。国道、鶴見小野、弁天橋、浅野、新芝浦と停車して次が終点海芝浦だ。

IMG_9813_R
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会