ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新しいシェアの形!?自宅をオフィスとして開放する「Hoffice」が世界で流行中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PC1台さえあれば、どこでも仕事ができる時代。

日本でも、特定のオフィスを構えず働く“ノマドワーカー”が増えているが、毎日カフェに長居するのも飽きるし、コワーキングスペースは賃料が気になる…という人もいるのでは?

そんな中、ポスト・ノマドとも呼べそうな新しいワークスタイルが、北欧・スウェーデンから世界へと広がりを見せている。

それが、今回ご紹介する“Hoffice”だ。

・“Hoffice”とは?

とある家の大きなテーブルを囲んで、黙々と仕事に励む人々…。

“Hoffice”は、“Home(家)”と “office(オフィス)”を1つにした造語で、家をオープン・オフィスとして無料公開するコミュニティだ。

それぞれの“Hoffice”は、インターネットを通じて1日単位で参加者を募集しており、初対面同士が集まることも多い。

創始者のChristofer Franzenさんは、もともと大学院で効率的な働き方を研究していたのだが、卒業後カフェや自宅で独り働く日々に疑問を感じ、仲間の家で一緒に働くことに。

その取り組みが、ノマドワーカーの間にクチコミで広がり、自然とネットワークが形成され始めたという。

・その魅力は?-集まることで、効率的に働ける

家に集まると、ついおしゃべりに興じて集中できないのでは?と思ってしまうが、“Hoffice”には効率的に働くためのルールがある。

推奨人数は10人以下、45分のセッションと15分の休憩を繰り返すスタイルで、メンバーは各セッション前に目標を宣言しあい、終了後に達成度合をチェックする。

この緊張感のお陰でかなり集中できるそうで、さらに異業種の人々との偶然の出会いが、新しいアイデアやビジネスを生み出すきっかけになることもある。

・ブレイクタイムにはアクティビティも

また、ブレイクタイムにも特色が。メンバーの得意分野や立地を活かし、ヨガ講座やトランポリン教室、屋外散策、ゲーム大会などが開催される。

この時間ばかりは、大人も全力で遊びを楽しみ、次の45分に向けて気分をリフレッシュする。

また、ランチタイムには皆で費用を負担しあい、ブッフェなどを開催するのが一般的。

午後もセッションとブレイクを繰り返すと、ついに1日のタスクをクリア!晴れ晴れとした気持ちで、仕事を終えることができるというわけだ。

・参加方法は?

参加方法は簡単で、自分の都市の“Hoffice”用Facebookページに登録し、各日程の申し込みをするだけ。

自宅で“Hoffice”を始めたい人は、まず他の“Hoffice”のメンバーとなり、運営システムや心得を学んだうえで、新たにFacebookページを作成するという流れだ。

晴れて“Hoffice”のオフィシャルサイトに承認されれば、世界中の誰もがあなたの“Hoffice”を見つけることができ、地元の人だけでなく、旅行中のワーカーがふらりと立ち寄る、なんてこともあるかもしれない。

・ヨーロッパやアジアでもスタート

この新しいワークスタイルは、すでにヨーロッパ諸国をはじめ、アメリカ、台湾などにも広がりを見せている。

シェア精神と信頼を基盤にしているため、セキュリティ上の不安はあるものの、この取り組みがどんな発展を遂げるか、気になるところだ。

インターネット環境や少しのワークスペースさえあれば、誰でもすぐに始めることができるので、ぜひ日本のノマドワーカーの皆さんもトライしてみては?

Hoffice
http://hoffice.nu/en/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP