体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワクワクワーク 『RUN&GUN』宮下雄也 ~前編~ 「1か月常にスケートを履いて生活していました」

宮下雄也さん

世界は広い。仕事を通じて様々な人と出会い、強く実感しました。世の中には自分が知らない事がまだまだたくさんあります。でも人生は一度きり。振り返ることは出来ても、戻ることはかないません。自分とは違う選択肢を進んだ人がどんな人生を送っているのか気になりませんか? ワクワクワークは、様々な人にインタビューしていく企画です。

第1回は4人組男性ユニットRUN&GUNの宮下雄也さんにインタビューすることができました。RUN&GUNは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属ということもあり、歌って踊れて演じられて笑えるグループです。宮下さんはテレビアニメ『遊☆戯☆王5D’s』の主人公・不動遊星役やミュージカル『エア・ギア』パック役、『音楽舞闘会 黒執事 ~その執事、友好~』キリト役など俳優・声優をメインとして活動されています。

-『遊☆戯☆王5D’s』の声優という印象が強いですが、元々声優をやられているんですか?

声優は遊戯王が初めてです。RUN&GUNという4人組で歌やダンスを中心に活動していました。最近では芝居の勉強を積み、舞台やミュージカルなどをやらせてもらっています。RUN&GUNでの活動では、不定期ですが『RUN&GUN Stage』と題して4人を中心にミュージカルやストレート芝居をやらせていただいています。

-じゃあ普段は4人で活動、というより個々で活動が多いんですか。

個々が多いですね。あ、でも定期的に4人でライブイベントをやっています。4人で話し合って企画考えたり、コントをしたり。ルミネtheよしもとでやってます。今回で3回目なんですが、普通に下ネタも言うし、コントとかも本格的なんで是非。この前もRUN&GUNじゃなくて、PAN&GUNって言って、剣道の竹刀をパンにして……。

-パン道ですね。

そうです。「一パン! ニパン! 三パン! 四はん! ごはん!」「おぃぃぃ! お前今ご飯に心奪われたな!」みたいな感じでしたね。昔のジャンプのうすた京介先生の読みきりみたいな。そこで俺がパン道部に入っていって「すいません、ここパン道部の部室ですか?」って聞いたら先生が「パン道の部室ですかぁ、だと? ふん、ここが船橋のIKEAに見えるかね?」「いえ見えないっす」って……。本当にくだらない事ばっかりやってて楽しいですね。

-これは気になりますね。それにしても吉本のアイドルグループって珍しいですよね。

最近は曲出してないんで、アイドルっていうのもどうかなって。僕は舞台が多いんですが役者一本でやってて、アイドルって思ってもらっても居心地が良いんですけど、そういうことやってないから申し訳ない気持ちにもなります。俺は昔からずっとギターやってて、たまにイベントとかでも弾き語りをしたりするんです。

-ギターお好きなんですか?

15年くらいずっとやってますね。グレッチの『テネシアン』というギターを持ってます。暇なときは、ゲームやるか漫画読むか家でギター弾いてるかのどれかですね(笑)。

-なるほど。ところで、『遊☆戯☆王5D’s』の声優はどうですか。

そうですね。声優さんですと、小野坂昌也さんと仲良くさせていただいてます。現場で「僕誕生日なんですよ」って言ったら、「まじで?」って言って1万円札をほいって。

-流石ですね。

凄すぎですよね(笑)。小野坂さんは毒舌の面白い方です。トークライブなんかでも下ネタばっかり言ってて。

-意外と下ネタ好きなんですか!?

好きというよりは下ネタって扱うのが難しいですよね、。下ネタで笑わすのって難しいなと思います。下ネタで滑ったら……。

-あー取り返しがつかないですね(笑)。

もーカオスじゃないですか。

インタビューに答えていただきました!
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。