ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【春爛漫!!】春の到来が実感できる、極上のホテル「アフタヌーンティー」3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐ3月、本格的な春がやってくる。冬の間はなんとなく出かける気分にならなかった人も、ホテルのティールームで季節感あふれるアフタヌーンティーを楽しんでみてはいかが?きっと春が来た喜びを実感できるはず。そこで今日は、各ホテル、春のアフタヌーンティーメニューをまとめてご紹介。

1.【ホテル日航東京】「さくらアフタヌーンティー」
苺と桜羊羹の茶巾包みや、和菓子「春桜」などの和スイーツのほか、さくらロールケーキ、さくらモンブラン、さくらパンナコッタなど、さくらの風味が香るスイーツが入った、和テイストも楽しめるメニュー。さらに、季節感あふれるさくらの紅茶も。3月16日(月)~4月30日(木)。ラウンジ&シャンパンバー「ベランダ」にて。(http://www.hnt.co.jp/)

2.【ストリングスホテル東京インターコンチネンタル】「春菓の重(しゅんかのじゅう)~桜づくしのお花見重~」
こちらも桜を使った、春爛漫のメニュー。桜と葉桜のパウンドケーキやオリジナル桜ジャムを挟んだモンブラン、桜花を浮かべた桜ブランマンジェ、桜ジュレと共に食べるフルーツサラダなど。3月1日(日)~4月30日(木)、レストラン&バー 「ザ・ダイニング ルーム」にて。(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000270.000002364.html)

3.【ホテル椿山荘東京】「桜アフタヌーンティー」「イブニングキュートティー」
このホテルでは、昼と夜の2種類のティータイムプランを用意。昼の「桜アフタヌーンティー」では、桜風味のスコーンやサンドウィッチが、夜の「イブニングキュートティー」では、桜のパヴェ・オ・ショコラなどの限定スイーツが楽しめる。庭園に咲き誇る桜の表情にあわせて、昼と夜で趣向を変えたティータイムが過ごせる。2月28日(土)~4月12日(日)、レストラン「ル・ジャルダン」にて。(http://hotel-chinzanso-tokyo.jp/event/sakura/)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP