ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リーアム・ニーソンに休息など無いッ! 今度はNY中から狙われる! 『ラン・オールナイト』5月公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『96時間』シリーズ等でおなじみの“最強のオヤジ”リーアム・ニーソンが、今度はNY中を走り回る! 『アンノウン』のジャウム・コレット=セラ監督と3度目のタッグを組んだ『ラン・オールナイト』の日本公開が5月16日(土)に決定しました。

『ラン・オールナイト』ストーリー

ジミー・コンロンは、ブルックリンを縄張りとするマフィアの一級の殺し屋。これまでの罪にさいなまれ、ウイスキーをあおることだけが慰めとなっている。仕事のために家族からも疎まれているジミーだったが、ある日、息子のマイクが命を狙われ、彼を救うため相手を殺してしまう。その相手は、マフィアのボスで長年の親友、ショーンの息子だった……。「お前とお前の息子を殺す」と、復讐に燃えるショーン。マフィア、買収された警察、凄腕の暗殺者。今や彼らは、NY中のターゲットとなってしまった。残された時間は“たったひと晩”。刻々と命の期限が迫るなか、果たして2人は逃げ切ることができるのか!?

ジミーを演じるのは、スティーヴン・スピルバーグ監督の『シンドラーのリスト』や、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』など幅広い役を演じ、『96時間』以降は同シリーズはもちろん『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』、『フライト・ゲーム』など190cmを超える長身を活かし60歳を超えているとは思えないほどのアクションで世界中を魅了しているリーアム・ニーソン。

前述の作品では、元CIA工作員、元特殊部隊、航空保安官などを演じてきた彼が本作で演じるのは、マフィアの殺し屋。そして、ギャングのボス、ショーンをニーソン同様にアカデミー賞ノミネート経験のあるエド・ハリス(『ポロック 2人だけのアトリエ』『めぐりあう時間たち』)が演じます。

30年もの間ジミーを執拗に追い続ける刑事をビンセント・ドノフリオ(『ジャッジ 裁かれる判事』)、息子のマイクをジョエル・キナマン(『ドラゴン・タトゥーの女』)が演じる。監督は、大友克洋の人気漫画「AKIRA」の実写映画化でメガホンをとると報じられ話題となっているジャウム・コレット=セラ。絶体絶命の状況下、果たして彼らは逃げ切ることができるのか!?息もつかせぬ逃走劇をお楽しみに。

しかし、リーアム・ニーソン大忙しだな〜!

(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP