ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.1(Lollipop)でQuickSettingsパネルの挙動が変わる、動的に現れるスイッチの非表示やスワイプアップでのロック画面の解除が可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google がまだちゃんと発表していない「Android 5.1(Lollipop)」の新機能が一部判明しました。先日は、Android 5.1 で QuickSettings パネルの Wi-Fi スイッチと Bluetooth スイッチの機能が変わったことを紹介しましたが、その後、動的に変化する QuickSettings パネルのスイッチを非表示にできる機能と、ロック画面から開いた QuaickSttings パネルを閉じるとともにロック画面を解除できる機能が判明しました。最初の新機能について。Android 5.0 では「ユーザー補助」から画面の反転などを有効にすると、QuickSettings パネルにスイッチが追加されるのですが、これまで非表示にできませんでした。それが Android 5.1 でスイッチを長タップすると非表示にできるようになったのです。次のロック画面機能について。Android 5.0 では、ロック画面からステータスバーをスワイプダウンすると、QuickSettings パネルが開く仕組みなのですが、QuickSettings パネルを閉じるといつもロック画面に戻ります。それが Android 5.1 で画面の縁からスワイプアップするだけで QuickSettings パネルを閉じるとともにロック画面も解除できるようになったのです。Source : Android Police(1)(2)、Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
「Huawei P8」とされるスマートフォンの写真が流出、64bitオクタコアプロセッサを搭載
ドイツの家電量販店が「HTC One M9」の画像や主要スペック、価格情報を公開
Samsung、#TheNextGalaxy のティザー動画第4弾を公開、メタルボディやエッジスクリーン搭載を示唆

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP