体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1ポンドのジャイアントハンバーグを食す!@小田急相模原 おさ

foodpic5854666

今年に入ってからは徹底的に神奈川県の洋食を食べ歩いている筆者ですが、ここにひとつの結論が出たので報告します。

「神奈川で最強のハンバーグは『おさ』にある!」

散々、横浜方面を開拓しまくった挙句、出た答えは筆者にとって馴染み深い「小田急相模原」だったと言う事実!
今までの横浜洋食巡りの旅は一体なんだったのでしょうか?

そもそもが「おさって何?」みたいな反応が一般的かと思われるので、軽く説明しておきましょう。神奈川県の小田急相模原駅(小田急線)サウザンロードを国立相模原病院に向かって1000メートルチョイ歩いて左に曲がると右手にある、古い洋食屋さんです。

どのくらい前から営業しているのかは知りませんが、外観の写真を見れば10年や20年ではない事は想像出来ます。

osa-chi2_R

オダサガで唯一無二の幻レストラン

息子さんが体調を崩されてからはランチ営業のみ、しかもチョイチョイ不定休、その上ドアにぶら下がる札はいつも

「CLOSE」

な挙句、あの外観です。地元の人ですら、営業している事を知らない人が少なくありません。筆者も小田急相模原(オダサガ)には何百回も通い、友人も多いのですが『おさ』の存在を知っている人は、ほとんどいませんでした。

「ああ、そう言えば古い洋食屋さんがあったかも?」

ってレベルの店です。今はランチ営業の2時間半のみオープンする「幻のレストラン」が『おさ』なのです。

osa-chi3_R

『おさ』に来たならハンバーグを食べるべし!

さして地元でも有名ではない、営業時間も超短い挙句に休み多め、そんな店をススメて本当に大丈夫なのか? はっきり言いましょう。

「大丈夫だ、問題ない」

と… ハンバーグも美味しいのですが、その他のメニューも味には定評があります。なので営業開始は12時ですが、土日は大抵

「12時3分に行ったら満席だった」

というパターンが多いのです。さしてオープン前に行列が出来ている訳でもないのに、一般の人が最初に席に座れる時間は、わずか3分しかないと言う罠。

客層のほとんどが古くからの地元の常連さん、もしくは「その筋のマニア」のみと限定されているのに、あっと言う間に満席になるのが『おさ』なのです。
行列していないからと油断すると、時間ピッタリに徒歩で来る地元常連客に出し抜かれます。

そんな『おさ』で一番の人気メニューがハンバーグです。特に遠方から訪れる、その筋の方々は100%、このハンバーグが目当てです。

foodpic5854664

圧倒的な『ジャイアントハンバーグ』を食す!

と、言う訳で筆者もまずは『ジャイアントハンバーグ』を試します。ちなみに『おさ』のハンバーグは

ハンバーグ 700円(150グラム)

ビッグハンバーグ 850円(300グラム)

ジャイアントハンバーグ 1000円(450グラム)

となっております。サラダは付くのですが、ライスは別で150円、チーズやベーコンのトッピングは100円です。
なので写真のジャイアントハンバーグとチーズ、ライスで本日のランチは合計1250円となりました。

若干、ランチで1250円なら安くはないだろって思われるでしょうが、この『ジャイアントハンバーグ』は450グラムあります。
ちなみに「ハンバーグ界のベーシックスタンダード」と呼ばれている『びっくりドンキー』のハンバーグですら130グラム。どんだけ『ジャイアントハンバーグ』はデカいのかって話です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。