ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SNKプレイモア、「餓狼 MARK OF THE WOLVES」のAndroid版をリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

SNK プレイモアが SNK 時代に発売した 2D 対戦格闘ゲーム「餓狼 MARK OF THE WOLVES」の Android 版を Google Play ストアにリリースしました。アプリは 400 円で販売されています。飢狼は、あの飢狼伝説シリーズの後継タイトルで、ギース・ハワードの息子である ロック・ハワードを主人公にしたストーリーで展開されています。飢狼では、攻撃力のアップで専用技が使用可能になるパワーアップポイントを任意に設定できるシステム「T.O.P.」や、引き付けておいてガードすると硬直が少なく体力も若干回復する「ジャストディフェンス」、必殺技をキャンセルして連続技に繋げられる「ブレーキング」といった飢狼伝説にはなかった要素を搭載。また、Android アプリになって、タッチパネルに容易に技を出せる「SP ボタン」や、超必殺技用の「FM ボタン」が追加。Bluetooth コントローラーにも対応しており、オリジナル版に近い操作性でプレイすることも可能になっています。「餓狼 MARK OF THE WOLVES」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileの「E2333」を名乗る5.2インチオクタコアスマートフォンがCompuBenchに登場
スマートウォッチ「Pebble」の開発元が自社の公式サイトで謎のカウントダウンを開始
Google、Google Playストアアプリの次期バージョンで検索バーのデザインや機能を改良

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。