ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoogleはGoogle Glassの次世代版をパートナー企業に見せたらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google Glass については.、ベータテストプログラムが終了し、Google Play ストアでの本体の販売も停止され、さらに、事業も Nest に移管されたことで、今後の展開が見えない状況の中、今でも次世代版 Google Glass を試作しているという情報が海外の WEB サイト 9to9Google で伝えられました。同サイトによると、Google は外部企業と Glass を用いた業務向けのソリューションを開発していく Glass at Work プログラムに参加している企業のうち、同社にとって重要な企業の関係者に対して 2015 年になって“次世代版の初期型” を見せたというのです。また、情報元の一人は、Explorer プログラムが終了した時期に Google 内部で開発チームの再構成が行われたことを話し、同サイトは新しい Glass チームで次世代版が開発されている可能性があると指摘しています。Google は Glass の開発のためにこれまでに 10 ものスタートアップを買収しており、アイウェア型ウェアラブルデバイスの分野には既に巨額の投資をしていることになります。その資産を無駄にすることはできないでしょうから今後も次世代版を開発し、個人か法人向けかはわかりませんが、販売を目指すと思います。Source : 9to5Google


(juggly.cn)記事関連リンク
Inbox by Gmailがタブレット、iPad、Safari、Firefoxに対応
HTC One M9の壁紙が一部流出(更新:3枚追加)
BlackBerry、AmazonアプリストアでAndroid版「BBM」を提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP