体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お、大粒にも程がある……! 新品種“スカイベリー”を使ったパティスリー キハチの新作ケーキ6種を贅沢食べくらべ

キハチ

「スカイベリー」って、ご存知ですか? 実は「あまおう」のライバル品種として近頃注目を集めている苺の新品種。まだあまり馴染みのない名前ですが、栃木県が17年もの歳月をかけて作りあげた超プレミアムな苺なんです! 人気洋菓子店『パティスリー キハチ』では、そんな新品種「スカイベリー」を贅沢に使ったメニューを提供する「スカイベリーフェア」を開催中。今回はその中から6種類のケーキを編集部で食べくらべてみました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/826336

新品種「スカイベリー」ってどんな味? 6種類のケーキを実食!

キハチ キハチ

今回ゲットできたのはこの6種類のケーキ。25グラム(3L)以上の割合が全体の約2/3を占めるという大きさと、綺麗に整った円すい形、光沢のある鮮やかな色が特徴の「スカイベリー」は、こうして見てもとにかく大きい! ショートケーキなんかもう、ケーキよりも苺がメインなんじゃないかと思ってしまうほどの存在感です。

キハチ

「苺のモンブラン スカイベリー」 ¥627(税込)
可愛らしいピンク色のモンブラン。ちょっと縦長なのが気になりますね。カットしてみましょう。

キハチ

なんと、中から「スカイベリー」が丸ごと1粒! 実は“いちご大福”をイメージしたケーキなのだとか。丹波大納言粒あんと求肥で包み込んだ苺に、これまた苺のムースリーヌをあわせたなんとも贅沢な一品です。

・下のタルトとイチゴクリームの甘さと中にででんと入った苺の甘酸っぱさのバランスが最高です! 苺とクリームの間に挟まってる求肥がもちもちで、モンブランなのに苺大福っぽさがでていてギャップも面白かったです! (20代女性)
・モンブランかと思いきや、食べてみるといちご大福風というサプライズ! 全体の甘さを苺がさっぱりさせてくれているので、意外にペロッと食べられます。お土産に持っていきたいオシャレなケーキです。(30代男性)
・中央に大きな苺が入っている見た目も味も可愛いモンブランです。中に求肥も入っており、和洋折衷が素敵なお味です。(30代女性)

キハチ

「苺のシュークリーム スカイベリー」¥540(税込)
やわらかめに仕上げたシュー生地の中には、コクのあるディプロマットクリームとシャンティクリーム。ジューシーな「スカイベリー」がよく合います。シューにしのばせた苺ジャムがアクセント。

1 2次のページ
しゃむの記事一覧をみる
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。