ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お、大粒にも程がある……! 新品種“スカイベリー”を使ったパティスリー キハチの新作ケーキ6種を贅沢食べくらべ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「スカイベリー」って、ご存知ですか? 実は「あまおう」のライバル品種として近頃注目を集めている苺の新品種。まだあまり馴染みのない名前ですが、栃木県が17年もの歳月をかけて作りあげた超プレミアムな苺なんです! 人気洋菓子店『パティスリー キハチ』では、そんな新品種「スカイベリー」を贅沢に使ったメニューを提供する「スカイベリーフェア」を開催中。今回はその中から6種類のケーキを編集部で食べくらべてみました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/826336

新品種「スカイベリー」ってどんな味? 6種類のケーキを実食!



今回ゲットできたのはこの6種類のケーキ。25グラム(3L)以上の割合が全体の約2/3を占めるという大きさと、綺麗に整った円すい形、光沢のある鮮やかな色が特徴の「スカイベリー」は、こうして見てもとにかく大きい! ショートケーキなんかもう、ケーキよりも苺がメインなんじゃないかと思ってしまうほどの存在感です。


「苺のモンブラン スカイベリー」 ¥627(税込)
可愛らしいピンク色のモンブラン。ちょっと縦長なのが気になりますね。カットしてみましょう。


なんと、中から「スカイベリー」が丸ごと1粒! 実は“いちご大福”をイメージしたケーキなのだとか。丹波大納言粒あんと求肥で包み込んだ苺に、これまた苺のムースリーヌをあわせたなんとも贅沢な一品です。

・下のタルトとイチゴクリームの甘さと中にででんと入った苺の甘酸っぱさのバランスが最高です! 苺とクリームの間に挟まってる求肥がもちもちで、モンブランなのに苺大福っぽさがでていてギャップも面白かったです! (20代女性)
・モンブランかと思いきや、食べてみるといちご大福風というサプライズ! 全体の甘さを苺がさっぱりさせてくれているので、意外にペロッと食べられます。お土産に持っていきたいオシャレなケーキです。(30代男性)
・中央に大きな苺が入っている見た目も味も可愛いモンブランです。中に求肥も入っており、和洋折衷が素敵なお味です。(30代女性)


「苺のシュークリーム スカイベリー」¥540(税込)
やわらかめに仕上げたシュー生地の中には、コクのあるディプロマットクリームとシャンティクリーム。ジューシーな「スカイベリー」がよく合います。シューにしのばせた苺ジャムがアクセント。

・ふっかふかのシュー生地にほどよい甘さのクリームとジャム。やさしいお味なのでどんな人にもオススメできる一品です。(20代女性)
・シュークリーム好きにはたまらない! 2種類のクリームとジャム、いちごが味に変化をもたせているので飽きずに完食できます。(40代女性)
・見た目がまず華やか! たっぷりクリームとジャムの甘さを、スカイベリーがすっきりさせてくれています。香り豊かで甘みと酸味のバランス抜群のスカイベリーは一食の価値あり! (30代女性)


「苺のタルト スカイベリー」¥670(税込)
アーモンドクリームとカスタードクリームをあわせたタルト生地に、スカイベリーをあわせています。


ツヤッツヤの苺が美しい……。崩すのもためらいます。

・タルト生地のさくさくとカスタードのしっとりした食感が飽きない! 上にのっている苺がめちゃくちゃ甘くて、それでいて酸味もあるのでいくらでも食べられそう。(20代女性)
・苺を使ったスイーツはこの時期たくさん出てきていますが、これはかなりスペシャルです。贅沢にトッピングされた大ぶりの苺の中には、クリームもたっぷり。上品な甘さはさすがキハチです!(30代女性)
・まず、いちごが甘い。ほどよい酸味があるので後味がスッキリしている。パンチが効いた良い甘さがあるにも関わらず甘過ぎないので、もっと食べたくなる。食べるところによって食感が変わるのも面白い。 (40代男性)


「苺のサブレミルフィーユ スカイベリー」¥670(税込)
ホワイトチョコレートとアーモンドプードル、ほのかにレモンとラム酒が香るサブレをスイートチョコレートでコーティング。ミルフィーユ風に仕上げています。


パイに見立ててサクサクに仕上げたサブレの食感が、ジューシーな「スカイベリー」にマッチ! 

・香ばしおいしいさっくさくサブレにぱりぱりチョコレート。そこにクリームを挟んで、いちごが溶け合ってくる……! いちごのジューシーさで後味のくどさはなくて、あっという間に食べてしまいました。(20代女性)
・普通のいちごのケーキなら、チョコやクリームの甘さが、いちごの酸味で相殺される感じなのですが、スカイベリーがまろやかないちごのせいでしょうか、それぞれの甘さが絶妙に混じり合っておいしかったです。(30代男性)
・パイ生地のミルフィーユは食べにくいイメージですが、こちらはかなり食べやすい! カットされていながらずっしりとした苺は食べ応えあります。(40代男性)


「苺のフレジェ スカイベリー」¥562(税込)
苺とさくらんぼのブランデーがほのかに香るムースリーヌをアーモンド生地でサンド。トップに飾った「スカイベリー」と表面の模様が美しい、大人のケーキです。

・可愛らしい見た目とは裏腹に、お酒の香りがきいていて大人向けのケーキです。トップだけでなく、中にもカットしたスカイベリーがたっぷり。(20代女性)
・フルーティーな香りとアーモンド生地がよく合います。スカイベリーを一粒まるごと楽しめるのも良い! (30代男性)
・食べる前から苺の甘酸っぱい香りを感じられます。ケーキが小さく見えてしまうほど苺が大きい! クリーム多めでで満足感あります。(30代女性)


「苺のショート スカイベリー」¥584(税込)
甘みと酸味のバランスが良い「スカイベリー」のために特別な配合でふんわり焼き上げたスポンジ生地に、苺のブランデーをプラス。乳脂肪分の違う2種類の生クリームを使っています。


苺のみずみずしさを堪能できる期間限定のショートケーキです。

・スポンジがふわっふわで、生クリームと一緒に口の中で溶けちゃいます。上に乗った大きい苺の甘酸っぱさとクリームの甘さ、スポンジの風味、全てが黄金比でした!(20代女性)
・口の中に春の到来を感じさせてくれる、フワッとした軽やかさで全てが出来ています。それを象徴するのがスポンジ。口の中で溶けていく柔らかさには驚きすら感じるかも。その柔らかさを同じく柔らかく包み込むクリームの適切な甘さ。そして苺もみずみずしく、ショートケーキの1つの完成型を見た気がする。 (30代男性)
・こんなに大きな苺ののったショートケーキ見たこと無い! とにかくふっかふか。まさにとろけるようなショートケーキです。(20代男性)


近所のスーパーではお目にかかれないプレミアムな「スカイベリー」の魅力を最大限に引き出したケーキの数々。「スカイベリー」をまだ味わったことのない人にこそオススメしたい! フェア開催期間は3月3日(火)までなので、気になる人はお早めにチェックしてみてくださいね。

公式サイト

パティスリー キハチ
http://www.kihachi.jp/patisserie/[リンク]

しゃむの記事一覧をみる ▶
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP