ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

過去最高の盛り上がり! 大人気FPSゲーム『COD:AW』の闘会議大会に潜入

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 niconicoが主催するゲームの祭典「闘会議2015」が1月31日~2月1日に幕張メッセで開催された。1日には「ゲーム大会ステージ」で、人気FPSゲーム『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』(以下、COD:AW)の闘会議大会が開かれ、Web予選を勝ち上がった8チームによる決勝戦が行われた。

 本大会で定められたルールは「Uplink」。サテライトドローンと呼ばれるボールを敵のゴールに入れることで点数が入る、バスケの試合を連想させるモードだ。

 『COD:AW』はスピード感のある展開やプレイヤー同士の駆け引きが魅力のひとつ。闘会議でもスポーツ大会のような熱気が会場を包み込んだ。

 そんなアツい決勝トーナメント戦を勝ち上がり見事優勝したのは、爽やかなイケメン4人組で編成された「nekopunch」チーム。可愛らしい名前とは裏腹に、個々の実力が高くチームワークも抜群のチームだ。

 大会終了後、インタビューに応じてくれた彼らは、試合中の真剣な表情とはまた違う清々しい笑顔を見せた。

 優勝した感想を尋ねると、全員「うれしい!」と一言。ねこかんさんは「夜遅くまで練習した甲斐がありました」と喜んだ。

 「え」んぷてぃさんは「一番練習していたので、シュートをたくさん決められてよかったです。練習の成果が出ました!」と誇らしげ。

 ドワーフさんは「初めてこのような場に出ました。大阪から来たので『勝たないと!』と思って頑張りました」と遠征組ならではの強い思いを打ち明けた。

 しょくそさんは「最初から勝つつもりで練習してきたので、勝ててよかったです」と自信をのぞかせる。

 チームプレイのコツを聞くと「普段から一緒に取り組む時間を作る」「ゲーム内でも会話して意見交換する」と積極的にコミュニケーションを図っていることがわかった。

 戦略については「他のメンバーの動きは言葉にしなくてもわかるので、作戦は立てない」「仲間が倒されたらカバーしにいくなど、臨機応変に対応する」と、「nekopunch」独自のチームワーク向上の秘訣を明かした。

 さらに「試合が始まると周りは気になりません」「知り合いにアピールする瞬間もありました(笑)」と、全員緊張は感じなかったという。

 優勝賞金20万円(1人5万円)の使い道については、「飲みに行く」と即答するメンバーが多数。ねこかんさんは「応援に来てくれた友達を含め、大人数に奢ることになるかも」と笑った。

 しかし、大阪から上京したドワーフさんだけは「交通費を稼ぐために優勝しにきました。賞金は交通費に消えます」と現実的な使い道だとか。

 試合中と同じく、息の合った取材対応をしてくれた「nekopunch」の4人。普段から仲がいい様子が伝わってきた。

 2月21日からは全国大学対抗戦のブロック予選が始まり、3月28日には決勝トーナメントが開催予定。闘会議が終わってからも『COD:AW』の熱い戦いはまだまだ続きそうだ。

■関連リンク
「ミリタリーコルセット」制作秘話を直撃
日本のラーメンを美少女にしてみた
芯が折れないシャーペンが登場

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP