ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新感覚!タッチしたりや傾けたりして操作できるWi-Fiスピーカー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Wi-Fiスピーカーはすでにたくさん出回っているが、現在開発中の「Sugar Cube」は新感覚のスピーカーだ。なんと、ボタン類は一切なく、スピーカーそのものをタッチしたり傾けたりして操作するというもの。

どんなふうに操作するかというと、再生・停止したいときにはスピーカーの上部をタッチし、早送りしたいときは右に45度ほど傾けるといった具合。全てがシンプルで直感的なのが売りだ。

・音楽を直接ストリーミング

Sugar CubeはWi-Fi対応なので、スマートフォンなどの端末を介さずにオンライン上の音楽を直接ストリーミングできる。

現在、iTunes Music、Pandora、BBC radio、8Tracks、Douban FMに対応していて、今後さらに拡大する見込み。また、スマホやPCに入っている音楽をSugar Cubeに移すことも可能だ。

・友人と同時に音楽シェアも

面白いのが、遠くにいる友達や家族と音楽を簡単にシェアできる昨日。専用アプリを使って友人のSugar Cubeをペアリングしておけば、どんなに離れていても同じ曲を同時に聞くことができる。

外観にもこだわっているのも特徴。チェリーやメープルの木を使ったクラフト風なつくりで、部屋に優しくとけこむ。そして小型ながら出力音圧レベルは90dbで、クリアな音を楽しめる。

大きさは約10センチの立方体、重さは400グラム。リチウムイオン電池を内蔵し、1回の充電で7時間使用できる。

Kickstarterでこのほど資金調達キャンペーンを実施したところ、目標額を達成し商品化される運びとなった。現在、自社サイトで179ドル(送料込み)でプレオーダーを受け付けている。

Sugar Cube

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP