ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国交回復したキューバで米人気司会者が番組撮影

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夜のトーク番組の司会で知られ、コメディアン、脚本家、ミュージシャンでもあるコナン・オブライエンが先週末をキューバで過ごしたと、ハリウッド・リポーターが伝えている。
 
 米ケーブルテレビ、TBSのシリーズの番組をハバナで撮影したのことで、数日間の滞在中は観光を楽しんだり日常生活を体験したりして過ごした。1962年にアメリカがキューバへの禁輸措置を取って以来、深夜トーク番組の司会者がキューバ本島で撮影するのは初めてだが、これは12月17日にオバマ大統領が同国との国交回復を発表したことを受けてのものだ。なお、このエピソードは3月4日(現地時間)に米TBSで放映される。

関連記事リンク(外部サイト)

サラ・オレイン 羽生結弦も演技に使用したオーストラリア出身の歌姫がビルボードライブに登場
Kira Kira アイスランド屈指の才媛が全国9か所で待望のソロ・ツアーを開催
レッドワンのマネージャーが【Hearts for Hope Gala】で栄誉へ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP