ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナイル・ロジャース率いるシックが新作をリリース サム・スミス、ダフト・パンクともコラボした伝説的プロデューサーの新章

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2013年、ダフト・パンクと組んだ『ランダム・アクセス・メモリーズ』での活躍も記憶に新しいギタリスト/プロデューサー、ナイル・ロジャース。そんな彼が率いるバンド、シックがワーナーブラザーズと新たなレコード契約を締結。約23年ぶりの新作をリリースすることが判明した。

 シックは70年代より活躍するディスコ/ソウル・バンド。78年に発表した「おしゃれフリーク(原題:Le Freak)」が大ヒットし、ソウル・ミュージックとしては史上初の米ビルボードHOT100ナンバー1に輝くなど大きな成功を収めた。シックとしてのスタジオ・アルバムのリリースは1992年の『Chic-Ism』以来となる。

 ナイル・ロジャースは1980年代以降、マドンナ、デヴィッド・ボウイ、ミック・ジャガー、ダイアナ・ロス、デボラ・ハリー(ブロンディ)など数々の大物をプロデュース。2013年にはサム・スミス、ディスクロージャーらと組んだ「Together」をリリースしたことも話題を呼んだ。

 ニュー・アルバムのリリースは今年6月を予定。現在、ナイル・ロジャースのオフィシャルYouTubeチャンネルではNYハウス・シーン出身の若手兄弟DJ/プロデューサー、ザ・マルティネス・ブラザーズを迎えた先行トラック「I’ll Be There」の一部使ったトレイラー映像も確認できる。同曲は日本では3月22日より配信開始。iTunes Storeでは予約の受付もスタートしている。

◎リリース情報
「I’ll Be There」
2015/03/22 RELEASE
URL:http://bit.ly/1FUPZHX

◎ナイル・ロジャース 国内オフィシャル・サイト
URL:http://wmg.jp/artist/nilerodgers/

関連記事リンク(外部サイト)

ナイル・ロジャース、フェス出演の数時間前に“ガン克服”を発表
グラミー無双のサム・スミスが初来日「日本の皆に会うのがすごく楽しみ」
【第56回グラミー賞】最優秀レコード賞はダフト・パンク「ゲット・ラッキー」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP