ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

"桜餅風味"のビールがおもしろい…ってこれ本当にサクラが使われてるんだ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まだまだ梅の時期が始まったばかりだっていうのに桜の話題なんて早いって?いやいや春はすごそこ、桜の季節はすぐそこですよ。春と言ったらやっぱりお花見。そんなお花見の季節に先駆けて発表されたビールが今回紹介する桜餅風味ビール「サンクトガーレン さくら【春限定】」。

桜餅風味のビールといって何人そのビールの味を想像できるでしょうか?でもこのビール、本格的に「サクラ」が使用されている本格派なんです。

桜餅風味ビールには長野県伊那市高遠の本物の桜の花・桜の葉が本当に使われているんです。桜餅に付いてくるあの塩漬けされた桜の葉ももちろん食べらるので、桜を食すこと自体は別段珍しいことではありませんが、やはりビールに合わせたというのが面白いところ。

桜餅風味ビールには1回の仕込みで60Kgもの食用の八重桜を使用おり、風味をふんだんに感じられるものになっているそう。今年のお花見にはこの桜餅風味ビールでちょっとしたサプライズを演出してみるといいかも?

桜餅風味ビール「サンクトガーレン さくら」は330mlでオンライン販売では3本2,040円から販売しています。商品の発送は2月24日以降となっており、すでに予約受け付けがスタートしています。

ビールラインナップ-サンクトガーレン さくら

関連記事リンク(外部サイト)

ホントに桜入り!桜の花と葉を使用したビール「さくら」が限定発売
デスクはいつでも春うらら。桜の花びら舞う穴あけパンチ「SAKURA PUNCH」
”東京”をイメージして作られた「今この瞬間」を味わうビール「Far Yeast(ファー・イースト)」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP