ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Macアプリ】人差し指の動きだけで音楽や映像の再生・停止を操作できる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ControlAir端末をジェスチャーで操作するテクノロジーはトレンドになりつつある。Leap Motionが代表的な存在で、端末につなげるデバイス型や、ユーザーの指や腕にとりつけるタイプのものがある。

それらを使えば、端末本体やリモコンなどを触ることなく手の動きだけで音楽や映像の再生・停止などを操作できる。だが、ガジェットなしでコントロールができないか?そうした視点でイスラエルのスタートアップeyeSightが開発したのがMac専用アプリ「ControlAir」だ。

・内蔵カメラがガジェット代わり

ControlAirは人差し指のジェスチャーで音楽と映像の再生や曲送り、一時停止などを操作できるというもの。

仕組みはシンプルで、ガジェットの代わりにMac内蔵カメラを使う。なので、Macのカメラがユーザーの頭を所定の位置で正確にとらえられるよう、使用前にディスプレーの傾きなどを調整する必要がある。

・指を口にあてるとミュート

使うには、ユーザーがカメラに向かって人差し指をたてると、画面に再生・一時停止や音量調整などのボタンが表れる。

ユーザーが指を動かすと画面ボタンの下の人差し指も一緒に動き、操作したいボタンを指でちょんとつつくように動かすと実際に操作できる。鑑賞中に電話が鳴って音を消したいときは、人差し指を口にあてるとミュートになる。

このマジック的リモコンは音楽や映像のプレーヤーで使用可能で、iTunes、Spotify、Rdio、Netflix、QuickTime、VLCに対応する。

ダウンロード無料なので、Macを使ってビデオや音楽を鑑賞することが多いという人は試してみてはいかが。

eyeSight

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。