ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

面倒なパスワード入力が不要に!「Passage」の画像認証で楽々ログイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今やインターネットは非常に身近な存在である。頻繁にネットを通じて、いろいろなサービスにアクセスしているだろう。そこで、各種サービスにログインする際、どうしても必要になるのがアカウント認証。

パスワードの代わりに、画像で認証

現在では、ユーザーIDとパスワード入力をするのが一般的だ。しかし、サービスごとに異なるパスワードなんて全部は覚えていられないし、同じパスワードを流用すると、セキュリティ面に不安が出てくる。これまでにもパスワードに代わる認証方法が模索されてきているが、イギリスのPeekabuが開発している「Passage」もそんな1つだ。

通例だと、Webサイトにアクセスしてサインアップする際に、アカウントユーザー名やemailアドレスを入力し、それと併せてパスワードを入力する。「Passage」では、このパスワード入力の代わりに画像を用いるという。

好きな画像を認証用に登録

免許証でも、思い出の家族写真でも何でもよいが、あらかじめユーザーは認証用の画像を選び、設定しておく。サインアップの際には、パソコンのカメラの前に、設定してあった画像を提示する。正しい画像であればそのまま認証が完了するという仕組みだ。

「Passage」の画像認証アルゴリズムは、画像のわずかな違いをも検出する。人の目では差異が見分けられないようなレベルも判別するため、安心である。

各アカウントごとに、異なる認証画像を設定可能

私たちが普段、Webサービスごとに異なるパスワードを活用しているのと同様に、他サービスのログインごとに、別の画像を認証用に設定することができるという。

また、第1認証用画像のほかに、第2認証用画像を設定しておくことができるため、万一、第1認証用画像をなくしてしまった場合にも、安全策が講じられている。この「Passage」は、Webサービスのほか、iOSやAndroidにも対応している。

意味のわからない記号が羅列されたパスワードの管理は、私たちを悩ませ続けてきた問題。セキュリティも高く、ユーザーにとっても負担が少なくて済む、このような技術の普及が待たれるところ。

Passage

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP