ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungは既に「Galaxy Tab S 2」を開発中、SM-T710とSM-T810の型番情報が伝えられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が既にフラッグシップタブレット「Galaxy Tab S」の後継機種(Galaxy Tab S 2)を開発していると、SamMobile がいつものインサイダー情報として伝えました。Samsung は昨年夏に初の「S」ブランドを関する 8.4 インチと 10.5 インチの 2 モデルをフラッグシップ製品として発売しました。同サイトによると、Galaxy Tab S の後継には、型番として「SM-T710」と「SM-T810」が割り当てられているそうです。肝心なのはどう変わるのか、だと思いますが、同サイトは「詳細は教えてもらえなかった」と述べ、スペック情報を紹介していませんが、「大幅な変更はない」としたうえで、「(Galaxy Tab Sは)既に最高レベルのスペックを備えているが、プロセッサが WQXGA ディスプレイを処理のにやや難ありなので、そこを強化してくるだろう」と述べています。また、「MWC 2015 で発表されることは期待しない方がよい」とも言いながら、リリース時期も明らかにしていません。スマートフォンのフラッグシップモデルのリリースサイクルは 1 年周期なので、タブレットも同様だとすると発表は 6 月 ~ 7 月になると思います。Galaxy Tab S 2 のほか、Samsung は 12.2 インチ前後のディスプレイを搭載した「Galaxy Tab S Pro」を開発しているという噂もありますが、これはどうなってしまったのでしょうか?Source : SamMobile


(juggly.cn)記事関連リンク
プラスワンマーケティング、「freetel priori2」の専用バックカバーを発売開始、まずは4色から
HTC、HTC One M7 & M8 Developer EditionとSIMフリーモデルにAndroid 5.0のRUUをリリース
ビザビ、Androidマスコットフィギュア「mini collectible series 05」の販売を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP