体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新たな癒しスポット! 猫と一緒にお酒を楽しめる猫居酒屋「赤茄子」へ行ってきた

新たな癒しスポット! 猫と一緒にお酒を楽しめる猫居酒屋「赤茄子」へ行ってきた
 ストレス社会に生きる現代人。そんな現代人を癒してくれる、猫と一緒にお酒を楽しめる居酒屋が練馬区江古田にあると聞き、足を運んでみた。江古田駅南口から徒歩1分。細い路地を入ると「居酒屋 赤茄子」ののぼりが見えてくる。

新たな癒しスポット! 猫と一緒にお酒を楽しめる猫居酒屋「赤茄子」へ行ってきた新たな癒しスポット! 猫と一緒にお酒を楽しめる猫居酒屋「赤茄子」へ行ってきた 扉を開けると、猫逃走防止用の格子の扉がもう1枚ついているので、それを押して入店。階段を登っていくと、プロレスラーのようにも見える大柄なマスターが出迎えてくれた。木のテーブルと椅子が設置された喫茶店風の店内では、全5匹の猫たちが自由気ままに過ごしている。 新たな癒しスポット! 猫と一緒にお酒を楽しめる猫居酒屋「赤茄子」へ行ってきた カゴの中では2匹の猫がくっついてお休み中。カゴからはみ出そうなこのぎゅうぎゅう感、たまらない! 新たな癒しスポット! 猫と一緒にお酒を楽しめる猫居酒屋「赤茄子」へ行ってきた 現在、赤茄子にいる猫は5匹。4匹は親子や兄弟で、1匹は里親を探していた客から譲り受けたのだという。

 「昔から猫が好きで、子どもの頃からずっと猫と一緒に生活していました。10匹くらいいたかなぁ」と、猫たちを優しい目で見つめながら話すマスター。

 店を開いたのは5年前。設備屋として働いていたマスターだったが、人生で一度はやりたいことをやってみようと、周囲の反対を押し切って居酒屋をオープンした。しかし、オープンから半年間、店は全く流行らず、昼間は設備屋として働かねば家賃を払えないという危機に陥ったとき、思いついたのが猫居酒屋だった。

 「まるで家にいるかのように、猫と大きなテレビがあれば、お客さんが心地よく過ごせるかなと思って、猫をもらってきました」

 猫と一緒にお酒を楽しめる居酒屋として再スタートした途端、店は大繁盛。猫たちに会うため、週5ペースで通う常連もいるのだとか。猫たちはまさに招き猫だったといえよう。

新たな癒しスポット! 猫と一緒にお酒を楽しめる猫居酒屋「赤茄子」へ行ってきた おやつのカリカリをあげると猫たちがわらわらと寄ってくる 新たな癒しスポット! 猫と一緒にお酒を楽しめる猫居酒屋「赤茄子」へ行ってきた新たな癒しスポット! 猫と一緒にお酒を楽しめる猫居酒屋「赤茄子」へ行ってきた新たな癒しスポット! 猫と一緒にお酒を楽しめる猫居酒屋「赤茄子」へ行ってきた 猫とは優しく遊びましょう
1 2次のページ
Scoopie Newsの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy