ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乙一、桜井亜美、舞城王太郎が監督! 稀代の小説家3名による実写映画

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『ぼくたちは上手にゆっくりできない。』(c)2015 REALCOFFEE ENTERTAINMENT 

安達寛高(乙一)さん、桜井亜美さん、舞城王太郎さんの小説家3名が監督を務める「コーヒー」をモチーフにしたオムニバス映画『ぼくたちは上手にゆっくりできない。』が、3月28日(土)より東京渋谷のミニシアター・ユーロスペースにて公開される。

稀代の小説家であり映像作家としても活躍している3名だが、舞城王太郎さんが実写映画を監督するのは初めてのこととなる。

“上手に何かをできない”ぼくたちの人生のある1ページを紡ぐ

小説『GOTH』、『ZOO』などで知られる乙一さんは、「安達寛高」名義で映像作品を発表しており、『立体東京』や『一周忌物語』などを制作。

小説『MADE IN HEAVEN』や『チェルシー』などを上梓してきた桜井亜美さんは、映画『虹の女神』の原案と岩井俊二さんとの共同脚本を担当するほか、『人魚姫と王子』、『PLANETARIUM』など自身の映像作品も積極的に監督してきた。

小説『煙か土か食い物』や『阿修羅ガール』などを刊行してきた舞城王太郎さんは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』と同時上映された特撮短編映画『巨神兵東京に現わる』でテキストを担当。また、短編アニメ配信プロジェクト「日本アニメ(ーター)見本市」において『龍の歯医者』で初めてアニメに関わるなど、映像制作にも意欲的に参加してきたが、実写映画を監督するのは今回が初となる。

それぞれ安達寛高さんが『Good Night Caffeine』、桜井亜美さんが『花火カフェ』、舞城王太郎さんが『BREAK』の監督を担当。日常生活の象徴としてある「コーヒー」を共通のアイコンとして、「上手に何かをできない僕たち」の人生のある1ページを紡ぐ内容となっている。

3月28日(土)から4月10日(金)の2週間限定でレイトショー上映され、舞台挨拶やゲストを招いてのトークショーなどのイベントも実施予定。来場特典として監督作家陣による書き下ろし冊子も準備中とのこと。

引用元

乙一、桜井亜美、舞城王太郎が監督! 稀代の小説家3名による実写映画

関連記事

「日本アニメ(ーター)見本市」開幕! 舞城×鶴巻「龍の歯医者」ついに公開
ダークコメディ「アドベンチャー・タイム」地上波放送が決定
ビョーク「The Comet Song」のムーミン版MVを期間限定公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP