ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

六本木の街の中に、火を吹くロボットが出現!かっけー!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ドカーン!ピュンピュン!ボカーーン!!

ロボットの操縦は男の子にとって永遠の憧れ。
厳しい世間からはアラフォーなんて呼ばれるようなおっさんになっても、
「ひょんな事からロボットに乗って敵を倒し、いつの間にかエースパイロットに!」
そんな夢を持ち続けているものだ。

そんなステキなロボットが六本木に現れたんだから、もういてもたってもいられない!
しかも口から火を吐くという!!
早速取材班は急いで東京・六本木へと飛んだ!地下鉄で。

会場の『六本木アートナイト』は、六本木ヒルズ・東京ミッドタウン・サントリー美術館の3会場をメインに、3/28~3/29のたった一夜だけ行われた豪華なイベント。平成不況といわれるこのご時世、なんとも豪気な話である。
さすが森ビル!ビル一個くれ。

今回のテーマは『出会い』ということで、早速僕らもロボットに『出会い』にやってきたわけだ!
早くなんかひょんなことからエースパイロットに任命とかしてくれ!!

早速、お目当ての火を吹くロボットを探す。


いたっ!意外とでけぇーー、そして顔かわえーー!!
この巨大ロボの正体は、ヤノベケンジ作《ジャイアント・トらやん》で、その体長は実に7.2m!

火を吹く姿も勇ましい!

その他にも、『灯り』をテーマにしたアートキューブが街の至る所に配置されており、道行く人を楽しませていた。

街をあげて深夜に行われるアートイベントなんて、まさに六本木ならではといったところだ。これからも続けていって欲しいイベントの一つである。

その他の写真はこちら

すべての写真を表示したい方は配信元からどうぞ。

■関連記事
【ソニーさんに聞きました】PS3の重大発表って期待できる内容ですか?
【日清さんに聞きました】カップヌードルの “昔の” 肉の名前が判明!
東京・青山になんかおしゃれな『Ao』がオープン
新作には『ターミネーター1』よりも過去のターミネーターが登場! シュワちゃんも!?
ハリウッド関係者『エイリアンズVS.プレデターVS.ターミネーター』やります

周二郎探検隊の記事一覧をみる ▶

記者:

音楽や写真や映像やコトバをあなたに届けます。 ガジェット女子担当(http://girls.getnews.jp/) 写真の撮影依頼承ります。

ウェブサイト: http://unrealtribe.com

TwitterID: shu_UT

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。