ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

輸入車が大磯に大集合! 『JAIA設立50周年特別試乗会』レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日本自動車輸入組合(以下JAIA)は、2015年2月3日と2月4日の2日間、『JAIA設立50周年特別試乗会』を大磯プリンスホテルで開催。輸入車の魅力や歴史を伝える特別展示のほか、実際に触れて楽しむことができる特別試乗などの催しが行われました。輸入車の歴史を語るに相応しい往年の名車の数々。そして輸入車ならではの個性的なスーパーカーなどなど、色彩鮮やかな輸入車が行き交う会場は、まさしく別世界のようでした。

往年の名車が勢ぞろいした特別展示

輸入車が庶民の憧れであった1960年代から、輸入車を誰もが選ぶことができるようになった現代までの歴史的な名車が合計13台展示されていました。歴史ある車ということで、かなり昔の車は初めて見るものが多かったのですが、1990年代以降の車は「あ、見たことある!」と思ってしまうものも何台かありました。

スーパーカーが勢ぞろい! 特別試乗

本イベントの目玉と行っても過言ではない特別試乗、筆者はまずアストンマーチン『V12ヴァンテージS』に試乗させていただきました。生まれて初めて味わう加速感と、実際に乗って初めて分かる乗り心地など、スーパーカーの名に恥じない高い価値を感じさせてくれました。

続いてメルセデス『C250』に試乗。こちらでは、前方車を自動追従する機能や、自動で横列駐車する機能など、最新技術を体験できました。車が勝手に駐車場まで動いていく未来感はちょっとした感動!

この他にもスーパーカーや最新技術を搭載した車などが数多く展示されており、車好きな筆者には夢のような空間でした。あまりにも車の台数が多かったので気付きにくかったのですが、しれっと発売前のフォルクスワーゲン『トゥアレグ』なんかも展示されていましたよ!

JAIAは、50周年を記念してスペシャルサイトを公開。「輸入車とあなたの思い出・生活・夢」をテーマにした写真、エッセイを募集し、応募作品や輸入車の魅力を伝えるコンテンツを随時掲載していきます。輸入車ファンはチェックしてみてください。

JAIA 日本自動車輸入組合 50周年特設ウェブサイト
http://www.jaia50th.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
まがりんの記事一覧をみる ▶

記者:

車担当。 q@magarin.net

TwitterID: magarin_14

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。