ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

尾道の名物CD店主“ノブエさん”を描いた映画『スーパーローカルヒーロー』試写を観た―OTOTOYレポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月21日(土)から新宿K’Sシネマにて公開される映画『スーパーローカルヒーロー』の試写会が東京・渋谷の光塾でおこなわれた。

この映画は、広島県尾道市にある名物CDショップ「れいこう堂」の店主・信恵勝彦の日常を追ったドキュメンタリー作品。昨年5月に地元・シネマ尾道でプレミアム上映会がおこなわれ、この度3月21日(土)から新宿K’Sシネマにて上映されることが決定した。

2000年頃より音楽イベントを開催するようになったCDショップ「れいこう堂」の店主・ノブエさん。映画の冒頭、尾道に訪れることで彼と交流が生まれた数々のミュージシャンがコメントを寄せているのだが、その一組であるハンバート ハンバートの劇中のコメント曰く、このお店は“尾道の珍名所”。一見、古い民家にしか見えないお店の中にはCDだけではなく無農薬野菜やら植物、メダカに猫と、映像を見ただけでも不思議な空間となっていた。

2011年3月11日以降、大きく変わって行くノブエさんの日常。平和で穏やかな空気感がスクリーンの中からも伝わってくる尾道の街並みに生きるノブエさんと、原発問題で移り住んできた人たち、デモの映像等が現代の日本の姿を浮き彫りにしている。EGO-WRAPPIN’や二階堂和美らミュージシャンをはじめ、尾道の知人たちのインタビューを織り交ぜながら、徐々に浮かび上がってくる“スーパーローカルヒーロー”ノブエさんの実像。

3月18日(水)には、この映画に縁のある音楽家たちが東京での劇場公開を盛り上げるべく渋谷クラブクアトロに集合してライヴを開催、音楽を担当している青柳拓次、EGO-WRAPPIN’、二階堂和美らの他、ノブエさんご本人も登場。入場料金には映画の前売券の料金が含まれているとのことなので、ライヴを観てから劇場で映画を鑑賞してほしい。(岡本貴之)

・映画「スーパー・ローカル・ヒーロー」公式サイト
http://superlocalhero.com/

〈スーパー・ローカル・ヒーロー〉
2015年3月18日(水)渋谷クラブクアトロ
開場/開演 18:00開場 19:00開演
料金 前売 4,800円 / 当日 5,300円(税込/整理番号付/ドリンク別)
※ 映画「スーパー・ローカル・ヒーロー」の前売券料金が含まれています。
※ 当日入場口にてドリンク代として500円頂きます。
ライヴ出演:青柳拓次 / EGO-WRAPPIN’(中納良恵+森雅樹+菅沼雄太) / 曽我大穂 
/ トウヤマタケオ / 二階堂和美 
MC:信恵勝彦(尾道 れいこう堂店主) / 田中トシノリ(映画「スーパー・ローカル・ヒーロー」監督)
※ 本公演中映画の上映はありません。
チケット発売日 2/7(土)
発売所 ・チケットぴあ:0570-02-9999 (Pコード:
    ・ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:
    ・e+(イープラス):http://eplus.jp 

「スーパー・ローカル・ヒーロー」予告編

http://youtu.be/rqupkp7_jcA

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP