ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ひろゆきア然!クリエーターが自らお金をねだるゲーム『モリタポ乞食』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【モゲラプロジェクト】ゲームピックアップ:モリタポ乞食

3/26にゲームコミュニティ『モゲラ』でリリースされ、その日のランキングでダントツ1位を取ったFlashゲームが『モリタポ乞食』。ひろゆき記者も自身のブログ『ひろゆき@オープンSNS』で「これはひどい。。」とエントリーしたその内容とは?

『モリタポ乞食』(『モゲラ』にて公開中)

タイトル画面で「おやじ」「おねえさん」「こども」からキャラクターを選ぶと、実写の動画が再生され「あわれな乞食でございます」「おめぐみを!」など、キャラクターが盛んにアピールします。仮想通貨『モリタポ』を使って画面にお金を表示してから「あげる」ボタンを押すと、「おありがとうござい~」など金額に応じてリアクションが観られる、というのがゲーム(?)内容。お金を払わなくても、何通りか再生されるアピール動画を観たり、紙くずなどをあげてリアクションを楽しむことができます。

Flash Playerが動画再生に対応したころ、ネットで話題になったコンテンツ『Subservient Chicken』を思い出します。こちらは画面に打ち込んだ命令に、ニワトリの気ぐるみを着た男がリアクションするという、チキン商品を宣伝するコンテンツとなっていましたが、『モリタポ乞食』は、お金をねだるというストレート過ぎる要求が逆にネタとして成立してしまうという、ある意味画期的なコンテンツになっています。

ひろゆき記者のブログを引用すると、

某ブラジル社でやっているモゲラというゲームコミュニティーがあるのですが、その中の「モリタポ乞食」がひどいです。

自社のサービスに言うのもあれなんですが、モリタポをあげると、おっさんとかおねーさんとか女の子が喜ぶ動画が見られるのですね。

(中略)

んで、乞食に払うというのを今回の「モリタポ乞食」で初めてやってみたわけですが、感謝されると、
優越感のようなものと
罪悪感のようなものを
両方を感じてしまったりするので、なんだか複雑な感じですよ、、、と。

と、その内容に困惑した印象が書きつづられています。その後は乞食の是非を巡って論ずる内容となっているのですが、このエントリーに対するコメント欄では、乞食の是非のほかに

・すごい切り口だね
・有限会社ポイントゼロが作った『モリタポ乞食』っていうゲームなんですね!
・こんな乞食いねーよ、と思ったら社長さんでした。本当にありがとうございました。

など、ゲーム自体を楽しんでいる声もあります。ん?「社長さん」だって?そうなんです。このゲームに登場する「おやじ」は、ゲームを作ったクリエーター本人。架空の乞食キャラクターを、本人が大熱演しています。おねえさんはアイドルの愛沢りん、こどもは子役タレント(?)の町田えいみが演じています。

『モゲラ』の掲示板では、「モリタポ課金システムの新たな道を切り開いた金字塔的作品では、ないかと。 」と絶賛する声もあり、クリエーターは大いに勇気づけられている模様。世界中でも例を見ない新しい課金方法のFlashゲーム、要チェックです(この記事の配信元はこちら)。

■関連記事
『ひろゆき@オープンSNS』のエントリー
『モリタポ』を『ニコニコ大百科』で調べる
2ちゃんでおなじみのFlashゲームイベント『Flash Game Festival ‘09』、ゲームコミュニティ『モゲラ』の協力で開催
今こそアツい!レトロアクションゲーム『UNCF』
『モゲラ』の記事一覧

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。