ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横浜の老舗『洋食キムラ』でハンバーグを食す!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さて、洋食のメニューと言えば何を思い浮かべるでしょうか? ナポリタンやオムライスも鉄板メニューですが、やはり「その店を代表する味」として考えるならば「ハンバーグ」こそ至高かと筆者は思います。

と、言う訳で今回は横浜を代表するハンバーグが食べられる洋食の老舗『洋食キムラ』のハンバーグを紹介してみましょう。

昭和13年創業の老舗の洋食屋さん

横浜には多くの洋食屋さんがありますが、その中でも『洋食キムラ』は昭和13年創業と歴史ある洋食屋さんです。本店は花咲町にありますが、今回は野毛店に行ってみました。

お店の看板は「河童」をモチーフにした洒落たデザインで、紙ナプキンやコースターにも同じデザインが使われています。
店の近くを流れる大岡川に今でも「河童」がいるのかどうかは微妙ですが、横浜の心臓部を流れる大岡川の側にある洋食屋さんとして、少なからぬ愛着が河童に対してあるのかもしれません。と、個人的に思っていたのですが、正解は

「初代が芥川龍之介の河童と言う小説が好きだった」

との事で、大岡川となんの関係も無かったと言うオチ。
ちなみに「どこが河童なの?」と思った人は、河童の後ろ姿を想像してみましょう。間違いなく「河童」である事を確認できるはずです。

熱々の鉄板で提供される絶品ハンバーグ

そんな『洋食キムラ』で一番の人気メニューが熱々の「貝殻デザインの鉄板」で提供されるハンバーグです。

写真で見ると分かるように、鉄板には卵が落とされ、時間が経つと共に半熟状態へと変化します。この半熟卵も『洋食キムラ』の特徴で、鉄板ならではの利点を生かし、食べる人の好みの状態で食べられる仕様になっているのです。

ちなみに筆者はちょっと待って半熟になってからハンバーグの上に乗せる派で、デミグラスソースと卵の黄身が絶妙に絡んで、より美味しくハンバーグを食べる事が出来ます。

『洋食キムラ』のハンバーグは一度軽く焼いてから一晩寝かせて提供されるらしいです。ここにも味の秘密があるのかもしれません。その、ひと手間を惜しまないシェフの姿勢こそが美味しさに繋がるのでしょう。

まず『洋食キムラ』のハンバーグを食べようとして最初に驚くのは、そのハンバーグの柔らかさです。ナイフで切ってフォークで口に運ぼうとすると、崩れそうになるくらい柔らかいのです。

無論、柔らかさだけではなく味の方も絶品です。まさに日本の洋食メニューを代表するハンバーグは、こうあるべきと言う見本ですね。

お値段は「1320円」と普通、むしろ周辺に点在する洋食屋さんと比べるとチョイ高めかもしれませんが、ハンバーグ自体のボリュームは結構あるので、総合で考えると高くはないでしょう。

やはり決めては秘伝のデミグラスソース!

筆者が洋食屋さんでハンバーグを勧めるのは、やはり基本メニューでありながらも、その店の看板とも言える「デミグラスソース」を味わえるからと言う理由があります。
このソースの良し悪しで、全てが決まると言っても過言ではありません。

なので、大抵の洋食屋さんは「デミグラスソース」にこだわっています。老舗であれば先代からの味を守ると言う意味もあるので妥協は許されません。

いわゆる「デミグラスソース」の基本はどこの店も同じなのですが、それぞれの店で使われるスパイスが違ったりして個性があります。材料だけではなく、火の入れ方(煮詰め方)でも味が変わるのが難しい所。

それをブレる事なく何十年も「同じ味を作り続ける」と言うのがプロなのでしょう。頭が下がります。

ちなみに『洋食キムラ』のデミグラスソースには「自家製梅酒」が使われているらしいです。濃厚でありながらも後味はくどくない、そんな『洋食キムラ』のデミグラスソースを合わせたハンバーグ、美味しくない訳がないでしょう。

洋食キムラ 総評

とにかく横浜で洋食、しかもハンバーグを語るなら『洋食キムラ』は絶対に外せません。これぞ日本が世界に誇る洋食「ハンバーグ」のド真ん中と呼べる一品です。

そして、そのハンバーグを提供される方々、店の雰囲気や接客もピカイチです。落ち着いた雰囲気で食べる事に集中出来ます。
しかし、あくまでも「町の洋食屋さん」なので適度なカジュアル感もあり、リラックス出来る空間なのが素晴らしいですね。このくらいの店の雰囲気の方が、筆者的には料理の味が良く分かります。

ちなみに『洋食キムラ』には支店の『洋食キムラ キュービックプラザ新横浜店』もあるので、そちらの店もオススメです。
出張などで新横浜駅を利用する時は、こちらの2号店の方がアクセス的にも便利でしょう。

そんな訳で、とにかく横浜で何を食べるか迷ったら『洋食キムラ』でハンバーグを食べておけば間違いなしです。みなさんも是非、横浜に寄った時は食べに行ってみて下さい。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「YELLOW」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : グルメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP