ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Micromaxがインドスマートフォン市場でSamsungを抜きトップに立つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

市場調査会社 Canalys が公開した 2014 年 Q4 のインドにおけるスマートフォン出荷台数データによると、現地の端末メーカー Micromax がついに Samsung を抜いてトップに立ったことが判明しました。メーカー別シェアで、Micromax は全体の 22% を占めトップに立ち、Samsung は 20% シェアで今回 2 位に転落しました。3 位は Karbonn、4 位は Lava と続きます。Panasonic は Others 入りで、シェア 5% は達成できていないようです。同サイトによると、この期間にインドで販売されたスマートフォンは、全体の 23% が $100 以下の製品で、41% が $100 ~ $200 の製品だったそうです。つまり、全体の 64% が $200 以下の低価格モデルになります。Micromax は Android One をはじめ、ほぼ全ての機種を低い価格帯で販売しています。この低価格市場を中心に攻めた戦略が奏功したのでしょう。Source : Canalys


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、台湾で「Xperia T2 Ultra」新色“ローズゴールド”を発表
NTTコミュニケーションズが光回線サービス「OCN 光」を発表、OCN モバイル ONEの利用料を割り引く「CON 光モバイル割」も提供
Samsung SM-T555のディスプレイサイズは9.7インチで確定、画面比4:3を採用か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP