ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一生に一度は泊まってみたい!極北の“オーロラを待つホテル”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アイスランドの首都レイキャビクから車で1時間弱の場所にある「THE ION HOTEL(イオン・ホテル)」は、“非日常の景観”と“静かな時の流れ”を求める人たちのためのホテル。

プレハブ建築を利用した様式の建物は、一見すると“シンプルなロッジ”という印象だが、床から天井まで窓という贅沢な作りは、この景観を味わい尽くすために必要不可欠な舞台装置なのだ。

ホテルを訪れるゲストのいちばんの目的は「オーロラとの出会い」。

アイスランドの世界遺産、シンクヴェトリル国立公園に隣接するこのエリアはオーロラの出現率が高く、ホテルに居ながらにしてその姿が拝めるという。

宿泊者は「ノーザンライツ・バー」や「ラウンジ」で、カクテルやコーヒーを飲みつつ、優雅にオーロラの登場を待つことができる。

そのほか“温泉王国”として知られるアイスランドならではの屋外スパも館内に併設されており、こちらは開放感も抜群。

また日中のアクティビティとして「流氷ツアー」や「大自然を駆けるホースライディング」「フィッシング」などもアレンジしてくれるそう。

大自然のスケールと静寂がこのホテルでは最高のおもてなし。

「イオン・ホテル」への宿泊はオフィシャルサイトから予約できるほか、トリップアドバイザーなど旅行サイトを利用してツアー予約などもあるので興味がある方はチェックしてみて。

THE ION HOTEL
http://ioniceland.is/

旅行(まとめ)
オーロラ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP