ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんと日本伝統の藍染めの原料「タデ藍」を使用した"飲む藍"『藍の青汁』発売!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

藍色は日本の伝統的な色。色があせにくいという特徴を持つ藍染めは古くから愛され、重宝されてきました。この藍染めの原料「タデ藍」が機能性食品として「飲む藍」に変身!野菜不足を補うアンチエイジング飲料「藍の青汁」として、2015年1月より販売を開始しています。

タデ藍は藍染めの原料として知られていますが、実は生薬としても使われており、阿波藩・現在の徳島県は全国でも屈指の産地でした。タデ藍にはブルーベリーの4倍もの豊富なポリフェノールが含まれ、高い抗酸化力で「アンチエイジング」効果が期待できるそうです。

藍の葉

日本人にとって身近な素材「藍」が原料に使われている「藍の青汁」は国産有機の大麦若葉をベースに、タデ藍のエキス、乳糖果糖オリゴ糖も入って整腸機能もプラス。1箱に3g×30袋入って、価格は3,888円(税込)。

日本に縁の深い素材でエイジングケアをスタートしてみてはいかがでしょうか。

藍の青汁(あいのあおじる)|純藍(じゅんあい)

関連記事リンク(外部サイト)

珍しいぞ!伝統工芸「切子」の技法を応用したiPhoneケース"kiriko"が登場!
うどんを刺身にして食べる「うどん刺し」がきてるらしい
外国人と一緒にお寿司、巻き寿司を作ろう!知っておくと役立つポイントまとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP