ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リンゴ・スター ジョー・ウォルシュ、ピーター・フランプトンら参加の最新アルバムを3月にリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 リンゴ・スターが18枚目のスタジオ・アルバムとなる『ポストカーズ・フロム・パラダイス』を3月30日にリリースすることを発表した。

 11曲のオリジナル楽曲を含むこのソロ・アルバム『ポストカーズ・フロム・パラダイス』には、リンゴ・スターと彼の現在のオール・スター・バンドであるスティーヴ・ルカサー、トッド・ラングレン、グレッグ・ローリー、リチャード・ペイジ、ワリー・パーマー、グレッグ・ビソネットらによって書かれ、レコーディングされた楽曲が初めて収録される。

 『ポストカーズ・フロム・パラダイス』はリンゴによるセルフ・プロデュース作で、自身が所有するLAのホーム・スタジオで録音され、いつも通り彼の友人たちや家族がフィーチャーされている。「もし僕がレコーディングしているときに、君が町にいたら、ぜひ顔を出してくれ、君もレコードに参加できるよ!」と語るように、今作にはジョー・ウォルシュ、ベンモント・テンチ、デイヴ・スチュワート、アン・マリー・シンプソン、リチャード・マークス、エイミー・キーズ、ピーター・フランプトン、ネイザン・イースト、グレン・バラードなどが参加している。日本盤の詳細は、後日発表されるとのことだ。

 またリンゴは、4月18日に、オハイオ州クリーヴランドにて、「The Awards for Musical Excellence」のカテゴリーでロックの殿堂入りを果たす。

◎『ポストカーズ・フロム・パラダイス』トラックリスト
01. Rory And The Hurricanes
02. You Bring The Party Down
03. Bridges
04. Postcards From Paradise
05. Right Side Of The Road
06. Not Looking Back
07. Bamboula
08. Island In The Sun
09. Touch And Go
10. Confirmation
11. Let Love Lead

◎リリース情報
『ポストカーズ・フロム・パラダイス』
リンゴ・スター
2015/3/30 RELEASE
※日本盤詳細は、後日発表

関連記事リンク(外部サイト)

マッカートニー&リンゴ、米TV初登場した“エド・サリヴァン劇場”に再び
ビートルズが有名にした交差点、交通事故発生で論争の的に!?
ザ・ビートルズ 初の高音質CDが紙ジャケでリリース決定、LPアートワークを復刻

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP