ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

送信済みのメッセージや写真を“なかったことに”できるアプリ「Strings」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Stringsその時の雰囲気や勢いで友達や家族にメッセージを送ったものの、後で見直して送ったことを後悔したことはないだろうか。

過激な表現を使ったテキスト、間抜けな顔をさらした写真−。そうしたものが相手の端末やクラウドに残るのはちょっと…というときに便利なのが、このほどリリースされたiOSアプリ「Strings」だ。

・一斉送信も削除可能

このアプリでは、互いにユーザーである場合に限って、送信済みのテキストメッセージやメール、それらに添付された写真、ビデオを削除することができる。自身の端末上のみでなく、選択したものが相手の端末(またはクラウド)からも消える。

1対1のやり取りや、複数の人に一斉送信した場合にも同様に削除が可能だ。

・写真ダウンロードは許可制

また、Stringsが他のメール/メッセージアプリと異なるもう一つの点は、受信した写真などをダウンロードするには、送信者の了解を得る必要があること。

保存されては困る!というときは、リクエストを断れば写真やビデオはダウンロードできない仕組み。これは、プライバシーなどをコントロールするのに役立つ。

送ってから「しまった!」という経験が多い人、プライバシーを自分でしっかり管理したい人は、頻繁にメッセージをやり取りする友人らとこのアプリを一緒に使うといいだろう。

アプリのダウンロードは無料。

Strings

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。