ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

To-Doリストやスケジュールを表示する卓上小型ディスプレー「DISPLIO」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現代人は忙しい。スケジュールやTo-Doリスト、買い物リストなどをスマートフォンや手帳で管理している人は多いだろう。

そうしたリストや必要な情報は目につくところにあるに越したことはない。そこで便利そうなのが、このほどKickstarterに登場した卓上用のミニディスプレー「DISPLIO」だ。

・アプリで表示内容設定

DISPLIOは6.3×8.2×2.8センチ、ディスプレーは2.7インチと机の片隅に置くのにぴったりのサイズ。Wi-Fiにつなげ、スマホやタブレットにダウンロードした専用アプリ(iOS、Android)で表示したいものを選ぶと、その情報がEインクで表示される。

表示できる情報は、メールの着信、ノーティフィケーション、リマインダー、天気情報、スケジュール、株式情報などなど。スピーカーも内蔵しているので、メール着信を音で知らせるという設定も可能だ。

・縦横どちらでも使用可能

DISPLIOには一切ボタン類はなく、例えばツイッターのメッセージをアップデートするにはDISPLIOを指先でタップすればリロードされる。また、横向きに置いたらツイッター表示、縦に置いたら天気情報になるといった使い方ができるのも面白い。

Eインクを使用しているのでバッテリーの持ちはよいが、バッテリーが少なくなるとディスプレーにノーティフィケーションが表示される。充電はマイクロUSBケーブルで。

現在、Kickstarterキャンペーン(2月26日まで)では99ドルの出資で入手できる。世界中どこにでも発送してくれるので興味のある人はサイトをチェックしてみてほしい。

DISPLIO/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP