ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

漫画の中に見るリアルな女子の生き様。漫画家・岡崎京子初の大規模展がスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『うたかたの日々』原画 (C)岡崎京子/宝島社

漫画家・岡崎京子のこれまでを振り返る、初の大規模展覧会「岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ」が芦花公園にある世田谷文学館で1/24(土)より始まる。

『pink』『リバース・エッジ』『ヘルタースケルター』などで知られる漫画家・岡崎京子。1996年に不慮の事故により活動を休止するものの、その後も未刊作品の出版や復刊が続いた。特に『ヘルタースケルター』は2012年に監督・蜷川実花、主演・沢尻エリカによって映画化されたことでも大きな話題になり、若い世代の読者にも広く知られる存在に。

『へルタースケルター』扉原画 (C)岡崎京子/祥伝社フィールコミックス

『pink』カバー原画 (C)岡崎京子/マガジンハウス

彼女は常に、その時代時代を生きる女の子たちの姿を見つめていた。夢や憧れを描く少女漫画とは対照的に、日常や家族像、高度資本主義下における女性の欲望や不安といった、都市に生きる女の子を取り巻く現実世界を漫画の中に投影。彼女の生み出した物語は、自分の足で現実を生きてきた女の子たちの歴史ともいえるのだ。

今回は300点以上の原画をはじめ、学生時代のイラストやスケッチ、当時の掲載誌の数々、映画版『ヘルタースケルター』などの関連資料を展示。
さらに会場では、1/31より全国の書店に並ぶ予定の新刊が先行発売されている。新刊は、単行本未収録作品を集めた「レアリティーズ」と朝日ジャーナル(朝日新聞社)連載のエッセイ「週刊オカザキ・ジャーナル」などを収録した「オカザキ・ジャーナル」の2つとなっている。また展覧会の公式カタログにはイラストや単行本未収録作に加え、桜沢エリカ・安野モヨコ・しまおまほによる鼎談、小沢健二やよしもとばななのエッセイ、今日マチ子をはじめとした漫画家やミュージシャンによる岡崎トリビュート作品なども掲載されているので、こちらも要チェック。

漫画家・岡崎京子の軌跡とともに、彼女が見ていた女の子たちの世界を覗いてみて。

『チワワちゃん』カバー原画 (C)岡崎京子/KADOKAWA

「岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ」
開催期間:2015年1月24日(土)〜3月31日(火)
場所:世田谷文学館 2階展示室(東京都世田谷区南烏山1-10-10)
TEL:03-5374-9111
開館時間:10:00~18:00 (展覧会入場、ミュージアムショップは17:30まで)
休館日:毎週月曜日
観覧料:一般800、65歳以上・高校・大学生600円ほか
http://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP