ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、YouTubeでHTML5動画プレイヤーをデフォルト化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が、約 5 年前に紹介して以降、長らくテストバージョンとして提供してきた YouTube の HTML5 プレイヤーをデフォルトの動画プレイヤーとして提供することを発表しました。YouTubeではこれまで、Adobe の Flash Player を利用した動画プレイヤーがデフォルトプレイヤーとして提供されてきましたが、本日より HTML5 ベースの動画プレイヤーに切り替わりました。動画は優先的に HTML5 プレイヤーで再生されることになります。HTML5 プレイヤーでは、ビデオタグ <video> と呼ばれる新しいタグを利用して動画を再生するので、プラグイン不要で動画の視聴が可能になる利点があります。現在、WEB ブラウザの中で HTML5 プレイヤーがデフォルトになるのは、Chrome、IE 11、Safari 8、Firefox Beta です。ユーザーは、https://www.youtube.com/html5 でブラウザの対応状況やサポートフォーマット、動画プレイヤーの設定状況を確認することができます。Source : YouTube


(juggly.cn)記事関連リンク
AndroidゲームアプリのARPUがこの1年間でiOSアプリに近づく
Huawei、2014年は7,500万台のスマートフォンを販売
XiaomiのCEOがRedmi 2の2GB RAM + 16GB ROMモデルの発売を表明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP