ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、MVNOサービスの提供で既にSprintとは合意済み?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近になって携帯キャリア事業に参入すると伝えられた Google が、すでにソフトバンク傘下の米 Sprint と携帯回線の提供について合意していると、米国メディアの BusinessWeek が両社の計画を知る複数の人物からの話として伝えました。この件については、米国の T-Mobile と Sprint で交渉が行われていると 21 日に The Information が伝えました。今回の報道では、Google と Srint の協議はソフトバンクの孫社長が取りまとめを行い、すでに両社の間では合意に達していると言われています。同サイトの情報元の一人は、Google は Sprint から回線の提供を受け、自社ブランドの下で消費者に販売する、いわゆる MVNO サービスで、Google による通信サービスは年内にも提供される見込みだと述べたそうです。Google が MVNO 事業に参入することは、米国における Android ベースのスマートフォン・タブレットの利用者増加によって、Google のメインビジネスである広告サービスの利用拡大を図る狙いもあるとみられています。Source : BusinessWeek


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、3月1日にMWC 2015のプレスカンファレンスを開催
Google、2月1日よりクリミアからのGoogle Playサービスへのアクセスを停止
CyanogenMod 12 Nightlyにフルスクリーンモードをアプリ単位でON / OFFできる「Expanded Desktop」をオプションが追加

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP