ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod 12 Nightlyにフルスクリーンモードをアプリ単位でON / OFFできる「Expanded Desktop」をオプションが追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CyanogenMod 12 Nightly ビルドにナビゲーションバーとステータスバーをアプリ単位で非表示にできる新オプションが追加されました。これは Android 4.4 以上で利用できる「Immersive フルスクリーンモード」を活用した機能で、アプリ単体または全アプリで強制的にフルスクリーンモードに切り替え、アプリの表示領域を画面いっぱいに拡大することができます。新オプションは設定メニューの「ディスプレイ」→「Expanded Desktop」にあります。アプリ名のリストからナビゲーションバーまたはステータスバー、あるいは両方とも非表示に設定することができ、該当アプリを起動すると事前に設定したバーが非表示になります。また、上部の「Enabled for all」を ON にすると、デフォルトで全アプリがフルスクリーンモードになります。


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、2月1日よりクリミアからのGoogle Playサービスへのアクセスを停止
Sony、APX Labsとのコラボで考案された「Sony SmartEyeglass」のユースケース動画を公開
Motorola、米国とインドでMoto G(1st & 2nd Gen)のAndroid 5.0アップデート開始を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP